アイモバイル(6535)IPOの仮条件が決まっています。アイモバイルIPOは、JR九州IPOの二日後に新規上場するので、お祭りムードの流れに乗れれば面白そうです。

ただ、アイモバイルIPOは超大型なJR九州には及ばないまでも、吸収金額79億円(想定価格ベース)と大型なので、あまり過度な期待は禁物ですね。

アイモバイル

アイモバイルIPOの関連記事

アイモバイルIPOのBBスタンスとIPO評価

アイモバイルIPOの新規上場を承認

アイモバイルIPOの仮条件

1,220円~1,320円

アイモバイルIPOの仮条件は、想定価格の1,240円を挟みながらも、上方に拡げたレンジになっています。アイモバイルIPOの仮条件は、予想よりも少し強めの設定になっているので、前評判はまずまずのようです。

また、アイモバイルIPOは、主幹事がSBI証券なので、にほんブログ村でもIPOチャレンジポイントの当選ラインや、複数配分数の話題でもちきりですね。


アイモバイルIPOで主幹事を務めるSBI証券

アイモバイルIPOの初値予想

1,400円⇒1,260円 (公開価格比:-60円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,300円~1,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,320円~1,500円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,320円)

アイモバイルIPOは、規模の大きさとJR九州IPOとBB(ブックビルディング)期間が被っていることが、需給面でマイナス要素です。

ただ、アイモバイルIPOは、IPO的に人気を集めやすい事業内容で、業績も好調なことから、公開価格を多少は上回る初値が付くと予想しています。

また、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が見当たらない点も好印象ですが、主幹事がSBI証券だけに、個人投資家の売り圧力には注意が必要ですね。


にほんブログ村

アイモバイルIPOのその他初値予想はこちら

アイモバイルIPOの幹事団

アイモバイルIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 みずほ証券
SMBC日興証券
エース証券
マネックス証券


アイモバイルIPOで幹事を務めるSMBC日興証券

アイモバイルIPOで当選を目指すには、主幹事のSBI証券はもとより、IPO幹事常連組のSMBC日興証券と、抽選配分比率の高いマネックス証券は、押さえておく必要があると思います。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOで当選するには、出来るだけ多くの証券会社に申し込むことが近道なので、新たな証券口座を開設して、IPOをゲットしましょう。

管理人の実践に基づいたIPO証券会社ランキング