YCPホールディングス(グローバル)リミテッド(9257)IPOの新規上場が承認されました。

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPOは、12月21日に東証マザーズ市場(外国株)へ新規上場する予定です。

また、YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドは通常のIPOとは少し様相が異なり、同社普通株式を信託財産とする外国株信託受益証券(JDR)になります。

今年(2021年)の6月にIPO新規上場したオムニ・プラス・システム・リミテッド(7699)と同じパターンですね。

YCPホールディングス(グローバル)リミテッド

YCPホールディングス(グローバル)リミテッド(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名YCPホールディングス(グローバル)リミテッド
コード9257(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
松井証券
岡三証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月2日(790円~830円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月8日
公開価格決定日12月9日
申込期間12月10日から12月15日まで
公募3,925,400口
売出し0口
OA588,800口
吸収金額35.7億円
時価総額155.1億円
想定価格790円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPO幹事のSMBC日興証券

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPOの概要

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPOはシンガポールに本社を置き、アジアを中心に幅広い分野におけるアドバイザリーサービスを提供しています。

マネジメントサービス事業では各分野のエキスパートが質の高いアドバイザリー・サービスを提供し、アジアにおけるクライアントの成長、拡大、変革を支援しています。

プリンシパル投資事業ではパーソナルケア領域、ペットケア領域、戦略投資領域に注力投資しています。

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドはIPOラッシュ中の4社同時上場というだけでなく、一般的なIPOとは異なる外国株信託受益証券(JDR)で、規模(吸収金額35.7億円)もそれなりにあるため、他の銘柄と比較検討しながら判断したいと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPOの幹事団は、主幹事の野村證券をはじめ、SMBC日興証券マネックス証券などの7社で構成されています。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

また、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りするかもしれませんね。

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPOの初値予想

YCPホールディングス(グローバル)リミテッドIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月2日以降)に追記させていただきます。

910円 (想定価格比:+120円)

(※大手予想会社の初値予想:850円~950円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社