大江戸温泉リート投資法人(3472)IPOは、8月31日に東証REIT(リート)市場へ新規上場する予定ですが、それまでIPOはしばらくお休みです。⇒(大江戸温泉リート投資法人IPOの新規上場を承認

大江戸温泉リート投資法人

そこで、大江戸温泉リート投資法人IPOに備えて、今年(2016年)上場したリートIPOの現状を分析してみました。

2016年REIT(リート)IPO
銘柄コード
銘柄名
上場日 公募価格
吸収金額
初値価格
NOI利回り
利益 現在価格
(8/4時点)
3466
ラサールロジポート
投資法人
2月17日 100,000円
1,098.6億円
105,000円
4.9%
5,000円 107,400円
3468
スターアジア
不動産投資法人
4月20日 100,000円
247.7億円
99,100円
5.2%
-900円 93,300円
3470
マリモ地方創生
リート投資法人
7月29日 92,000円
89.6億円
88,500円
6.93%
-3,500円 84,400円
3471
三井不動産
ロジスティクス
パーク投資法人
8月2日 270,000円
601.6億円
271,400円
5%
1,400円 288,800円

(※NOI利回りは上場時の目論見書より転載)

2016年インフラファンドIPO
銘柄コード
銘柄名
上場日 公募価格
吸収金額
初値価格
想定利回り
利益 現在価格
(8/4時点)
9281
タカラレーベン・
インフラ投資法人
6月2日 100,000円
47.7億円
109,900円
6%
9,900円 113,100円

(※吸収金額は公開価格ベースで計算)

上記のように、今年(2016年)のリートIPOは2勝2敗で、初物のインフラファンドIPOは上々の滑り出しとなっています。

通常は、吸収金額の小さい小型IPOの方が有利ですが、リートIPOはそうとも言えない結果になっています。リートIPOは、規模の大小よりもスポンサー力(ブランド力)の方が重要視されるようです。

また、利回りも参考程度で初値に大きな影響は与えていないように思えます。


にほんブログ村

大江戸温泉リート投資法人IPO
銘柄コード
銘柄名
上場日 想定価格
吸収金額
初値価格
想定利回り
利益 現在価格
(8/4時点)
3472
大江戸温泉
リート投資法人
8月31日 100,000円
182.9億円

7%(償却後5.1%)

大江戸温泉リート投資法人IPOは、上記のリートIPOと比べても小型な部類で利回りも平均的です。ただ、このところの傾向からすると、規模や利回りよりも、お江戸温泉というブランド力をどう評価するかがポイントになりそうです。

また、大江戸温泉リート投資法人は、初めて温泉に特化したIPOなので、これを初物と捉えると、タカラレーベンインフラ投資法人に最も近いとも言えます。

もちろん、上場日の地合も初値に大きな影響を与える可能性があります。大江戸温泉リート投資法人IPOは、これらの点を考慮しながら、BB(ブックビルディング)スタンスを決めたいと考えています。


↑大江戸温泉リートIPOにネットから申し込めるSMBC日興証券↑

IPOの新規承認は本日もありませんでしたが、そのうち9月以降のIPOが出始めるはずなので、今のうちに証券口座を増やしておきましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ