アルマード(4932)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の6月8日からスタートします。

アルマードは、卵殻膜(卵の殻の内側にある薄い膜)を配合した化粧品や全身美容サプリメントなどを開発・販売している企業です。

アルマードは、昨年(2020年)の4月にコロナの影響によって上場を中止していたので、IPO仕切り直し組ですね。

アルマード

アルマード(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名アルマード
コード4932(化学)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
岡三証券
いちよし証券
東海東京証券
楽天証券
岡三オンライン証券
上場日6月24日
仮条件決定日6月8日(840円~880円に決定)
ブックビルディング期間6月9日から6月14日
公開価格決定日6月15日
申込期間6月16日から6月21日まで
公募50,000株
売出し5,250,000株
OA795,000株
吸収金額51.2億円
時価総額87.3億円
想定価格840円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

アルマードIPOの事業内容

アルマードは「世界の人々の人生に健康と美しさをもたらす。卵殻膜とバイオテクノロジーで。」という経営理念のもと、卵殻膜原料を活用した食品及び化粧品の製造販売を行っています。

ちなみに、卵殻膜とは鶏卵の殻の内側にある薄い膜で、シスチンを含む18種類のアミノ酸、プロテオグリカン、ヒアルロン酸等で構成されており、美容・健康成分が含まれています。

卵殻膜の特徴

アルマードは卵殻膜を主原料とした化粧品として、公式通販ブランド「CELLULA」とTV通販ブランド「Ode」を展開しています。

また、アルマードは卵殻膜を主原料とした全身美容サプリメント「TO-II」と、全身美容ドリンク「III型(ビューティードリンク)」も展開しています。

アルマードの主要商品

(※画像クリックで拡大)

アルマードは、TVショッピング専門チャンネルであるQVCテレビショッピングにおいて、卵殻膜食品及び卵殻膜化粧品を販売しています。

さらに、アルマードは自社ECサイトや他社ECサイト等を通じて、直接注文を受け、製品を配送する販売も行っています。

ちなみに、定期顧客会員数は2018年4月に自社ECサイトを通じた定期購買サービスを開始して以降から増加傾向にあり、会員数は3万7千人に達しています(2021年3月末時点)。

アルマードの自社ECサイトでの定期顧客会員数

アルマードIPOの事業系統図

アルマードの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 全社広告
  2. ブランディング費用

アルマードIPOの業績

アルマードの業績

(※画像クリックで拡大)

アルマードIPOの業績は、2020年3月期まで概ね好調に推移していました。しかし、2021年3月期は新型コロナウィルスの影響で減収減益になっています。

アルマードのIPO評価

アルマードIPOの公開株数は前回とほぼ同程度ですが、想定価格が1,620円から840円へと大幅に安くなっているため、吸収金額も100.6億円から51.2億円へと大幅にダウンしています。

しかし、アルマードはIPOラッシュ真っ只中での4社同時上場なので、それでも需給面で厳しいと言わざるを得ません。

また、アルマードはほとんどが売出株で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多いため、投資ファンドのイグジット案件として警戒される可能性もあります。

ただ、卵殻膜ヘルスケア事業は独自性があり、価格が約半額になったことから割安という点でも一定の評価を得られかもしれません。

よって、アルマードのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。アルマードIPOは、公開価格前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アルマードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アルマードIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただ、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込みます。

アルマードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB検討中
みずほ証券 BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB検討中
岡三証券 BB検討中
いちよし証券 BB検討中
東海東京証券 BB検討中
楽天証券 BB検討中
岡三オンライン証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング