HCSホールディングス(4200)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の6月9日から始まります。

HCSホールディングスは、SI(システムインテグレーション)サービスやERPソフトウェア導入支援などを行っている企業です。

HCSホールディングスは4社同時上場になりますが、規模はそれほど大きくないので、何とかなりそうですね。

HCSホールディングス

HCSホールディングス(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名HCSホールディングス
コード4200(情報・通信業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
丸三証券
水戸証券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
東海東京証券
東洋証券
むさし証券
藍澤證券
極東証券
SBIネオモバイル証券
SBIネオトレード証券
GMOクリック証券
上場日6月24日
仮条件決定日6月7日(1,660円~1,800円に決定)
ブックビルディング期間6月9日から6月15日
公開価格決定日6月16日(1,800円に決定)
申込期間6月17日から6月22日まで
公募360,000株
売出し270,000株
OA94,500株
吸収金額12.5億円
時価総額43.6億円
想定価格1,730円→公開価格:1,800円
初値価格2,210円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

HCSホールディングスIPOの事業内容

HCSホールディングスは、株式会社日比谷コンピュータシステム(HCS)からの株式移転により、2016年7月1日に設立され、情報サービス事業ERP事業デジタルマーケティング事業を展開しています。

情報サービス事業では、製造、運輸、公共、金融等の幅広い分野において、業務ソフトウェアの設計・開発・保守及び運用などの、システムインテグレーションサービスを提供しています。

また、マスターファイルソリューションサービスとして、全国住所マスターである国土行政区画コードマスター及び関連製品・サービス等を提供しています。

ERP事業では、SAPジャパン株式会社のパートナーとして、SAP導入支援・開発サービスを提供しています。

また、リソースプランニングサポートサービス(RPSサービス)として、SAPシステム及び運用管理ツール等のヘルプデスク業務をサポートセンターからリモートにて提供しています。

デジタルマーケティング事業では、マーケティングソリューションサービスとして、インターネット広告に関する広告プラン策定及び広告運用(主にGoogle、Twitter等へのディスプレイ広告掲載)等のサービスを提供しています。

また、パッケージソリューションサービスとして、点検・検査報告書作成アプリケーションである点検エースの開発・販売をしています。

HCSホールディングスIPOの事業系統図

HCSホールディングスの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 情報サービス事業におけるサービスの拡大費用
  2. 借入金の返済

HCSホールディングスIPOの業績

HCSホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

HCSホールディングスIPOの業績は、好調に推移していて問題なさそうですね。

HCSホールディングスのIPO評価

HCSホールディングスはIPOラッシュ中の4社同時上場ですが、さほど規模(吸収金額12.5億円)は大きくないため、影響も小さいと思います。

また、システムインテグレーション事業ERP事業は目新しさに欠けますが、安定した人気があるため、事業面でも一定の評価を得られそうです。

よって、HCSホールディングスのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。HCSホールディングスIPOは、公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

HCSホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

HCSホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事のSBI証券をはじめ、丸三証券岩井コスモ証券などの平幹事も、幅広く申し込む予定です。

HCSホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
丸三証券 BB参加
水戸証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
エイチ・エス証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
むさし証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
極東証券 口座なし
SBIネオモバイル証券 BB参加
SBIネオトレード証券 BB参加
GMOクリック証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社