ASNOVA(9223)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。ASNOVA(アスノバ)は地方市場(名証ネクスト(旧セントレックス))の地味なIPOなので、あまり話題になっていません。

ASNOVAは小型だけに当選するのも難しそうですが、そもそも申し込むべきか悩ましいIPOですね。

ASNOVA

ASNOVA(9223)IPOの過去記事

ASNOVAのIPO新規上場を承認!東海東京証券が主幹事

ASNOVAのIPO評価とBBスタンス!仮設機材IPO

ASNOVAのIPO初値予想!仮条件はやや強め

ASNOVAのIPO配分数(割当数)

ASNOVAのIPO配分数(割当数)は、主幹事の東海東京証券約90%を占めています。ただ、それでも当選枚数は極少なので入手困難ですね。

また、平幹事での当選はさらに困難ですが、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券だけは申込み必須です。

ASNOVAのIPO配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
東海東京証券 (主幹事) 199,900株 90% 200枚 A
SMBC日興証券 6,700株 3% 7枚
SBI証券 4,400株 2% 20枚 B
丸三証券 2,200株 1% -枚
マネックス証券 2,200株 1% 22枚 B
松井証券 2,200株 1% 22枚 B
水戸証券 2,200株 1% -枚
岡三証券 2,200株 1% 2枚
岡三オンライン ?株 ?% ?枚
合計 222,000株 100% 273枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

ASNOVA(9223)IPOのBB(ブックビルディング)は4月12日に締め切られるので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながらご検討ください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング