アスタリスク(6522)IPOのBB(ブックビルディング)が、週末の9月10日から始まります。

アスタリスクは、画像認識やバーコードなどの「モノ認識」と、スマホなどの「モバイル」を活用して業務のDX化を推進しています。

アスタリスクは、ユニクロを展開するファーストリテイリング(9983)とのセルフレジを巡る訴訟で話題になっていたので、そういった点でも注目度は高そうですね。

アスタリスク

アスタリスク(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アスタリスク
コード6522(電気機器)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
大和証券
SMBC日興証券
楽天証券
岩井コスモ証券
LINE証券
上場日9月30日
仮条件決定日9月8日(3,080円~3,300円に決定)
ブックビルディング期間9月10日から9月16日
公開価格決定日9月17日(3,300円に決定)
申込期間9月21日から9月27日まで
公募350,000株
売出し0株
OA52,500株
吸収金額12.4億円
時価総額50.2億円
想定価格3,080円→公開価格:3,300円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

アスタリスクIPOの事業内容

アスタリスクは、「モノ認識」と「モバイル」を軸にAsReader事業システムインテグレーション事業を行っています。

 AsReader事業では、モバイル機器に装着して使用するバーコードリーダーやRFIDリーダーなどのハードウエアの開発・販売を中心に事業を展開しています。また、スマートフォン内蔵カメラによりバーコードを読み取るタイプの製品も販売しています。

主力製品であるAsReaderには、1次元、2次元のバーコードを読むバーコードリーダーとRFタグのデータを読むRFIDリーダー、自動販売機業界で活用されているIrDAに対応した赤外線通信リーダー、画像認識技術を用いたセミセルフレジなどがあります。

アスタリスクのAsReader

(※画像クリックで拡大)

システムインテグレーション事業では、ハードウエア、ソフトウエア、ネットワークなどを組み合わせて、ユーザーのシステムを構築し、提供しています。また、自社グループが提供したアプリケーションやシステムについて、運用・保守・管理も実施しています。

IPOによる手取金の使途

  1. 研究開発・製品評価を実施する研究施設拡充のため研究所の建設費用
  2. 新製品の開発・試作品評価用設備の取得費用
  3. 研究所ビル建設用地取得のための短期借入金の返済

アスタリスクIPOの業績

アスタリスクの業績

(※画像クリックで拡大)

アスタリスクIPOの売上は堅調に推移しており、利益も急伸していて好調そうですね。

アスタリスクのIPO評価

アスタリスクは、IPOラッシュ終盤での新規上場なので、買い疲れの影響が気になります。ただ、9月最後のIPOというだけでなく、単独上場できる点もプラス要素です。

また、主力製品のAsReaderは今後も幅広い業界での導入が見込めるだけでなく、DX(デジタルトランスフォーメーション)というテーマ性もあるため、事業面で注目されそうです。

よって、アスタリスクのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。アスタリスクIPOは、公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アスタリスクIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アスタリスクIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨む予定です。主幹事の野村證券をはじめ、SBI証券SMBC日興証券などの平幹事も全て申し込むつもりです。

アスタリスクIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
楽天証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
LINE証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング