アクシス(4012)IPOの仮条件が発表されました。アクシスIPOは、主に金融機関向けのシステムインテグレーション事業に加え、今が旬のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援事業なども行っている企業です。

アクシスは9月最後のIPOなので、少しでも良い初値をつけて、10月のIPOへとつなげてほしいですね。

アクシス

アクシスIPOの関連記事

アクシスIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

アクシスIPOのBBスタンスとIPO評価!IT関連の小型IPO

アクシスIPOの仮条件

1,020円~1,070円

アクシスIPOの仮条件は、想定価格の1,020円を下限に上方へ拡げて設定されています。アクシスIPOは、以前から注目されていたので、やや強めの仮条件も妥当だと思います。

ちなみに、アクシスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は6.1億円から6.4億円にアップしますが、小型なことに変わりないですね。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券は新規口座開設でIPO優遇

アクシスIPOの初値予想

3,000円⇒3,500円 (公開価格比:+2,430円)

(※大手予想会社の初値予想:2,200円~2,500円)

アクシスIPOは、前日に新規上場するヘッドウォータースIPOが初日値付かず濃厚なので、同時上場になってしまいそうです。

ただ、アクシスIPOも小型(吸収金額6.4億円)で、SI(システムインテグレーション)DX(デジタルトランスフォーメーション)Fintech(金融×IT)などのテーマ性があるため、それでも間違いなく人気化すると思います。

よって、アクシスIPOは初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アクシスIPOのその他初値予想はこちら

アクシスIPOの幹事団

アクシスIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
エース証券
岡三証券
極東証券
楽天証券
岡三オンライン証券

主幹事のSMBC日興証券はもとより、100%完全抽選の楽天証券や抽選配分比率が高めのSBI証券など、ネットから申し込める全ての幹事証券に申し込むのがベストだと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社