タスキ(2987)IPOの仮条件が決まっています。タスキIPOは、超小型な不動産テックIPOとして注目されているようです。

タスキは10月一発目のIPOになるので、ここで当選して良いスタートを切りたいですね。

タスキ

タスキIPOの関連記事

タスキIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

タスキIPOのBBスタンスとIPO評価!不動産テックIPO

タスキIPOの仮条件

610円~670円

タスキIPOの仮条件は、想定価格の630円を挟みながら、上方にやや広いレンジになっています。タスキIPOは、新規承認時から関心を集めていたので、やや強気の仮条件も納得です。

ちなみに、タスキIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は2.2億円から2.3億円にアップしますが、ほとんどかわりないですね。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
タスキIPO主幹事のSBI証券

タスキIPOの初値予想

2,700円 (想定価格比:+2,070円)

(※大手予想会社の初値予想:1,350円~1,550円)

タスキIPOは、これから新規上場するIPOの中でも、一番規模(吸収金額2.3億円)が小さいため、需給面で人気化すると思います。

また、不動産テック(不動産+Technology)はIPOでそれなりの人気があり、IoT(モノのインターネット)というテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、タスキIPOは初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

タスキIPOの幹事団

タスキIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 藍澤證券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
岡三証券
極東証券
東洋証券
むさし証券
水戸証券
岡三オンライン証券

タスキIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも出来ます。

ただ、タスキIPOは価格が安いので、ポイントに見合った利益が得られるのか、じっくりと検討する必要がありますね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社