rakumo(4060)IPOの仮条件が発表されました。rakumoは、IPOで人気になりやすいクラウド型のビジネスツールを提供しているため、期待度が高まっているようです。

rakumoはIPOラッシュ真っ只中での新規上場になりますが、単独上場できる点も追い風になりそうですね。

rakumo

rakumo(4060)IPOの関連記事

rakumoのIPO新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

rakumoのIPO評価とBBスタンス!クラウド関連IPO

rakumoのIPO仮条件

1,100円~1,250円

rakumoのIPO仮条件は、想定価格の1,100円を下限に上方へ拡げたレンジになっています。rakumoは、以前から注目されていたので、強気の仮条件も想定の範囲内です。

ちなみに、rakumoのIPO公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は16.8億円から19.1億円にアップします。


IPOは前受金不要(事前入金不要)の松井証券

rakumoのIPO初値予想

2,900円 (想定価格比:+1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,200円~2,600円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,500円~2,900円)

rakumoは、それなりの規模(吸収金額19.1億円)でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約190万株)も多いため、需給面にやや不安があります。

しかし、rakumoはクラウドSaaSテレワークなどのテーマ性を含んだ事業への期待度が高いため、それでもかなりの人気を集めると思います。

よって、rakumoはVCのロックアップが解除される公開価格の1.5倍をクリアし、上場初日の気配上限価格である公開価格の2.3倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

rakumo(4060)IPOのその他初値予想はこちら

rakumoのIPO幹事団

rakumoのIPO幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 東海東京証券
野村證券
SBI証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
丸三証券
岡三証券
東洋証券
水戸証券
楽天証券
松井証券
岡三オンライン証券

rakumoは、主幹事のみずほ証券をはじめ、SBI証券楽天証券など、ネットから申し込める幹事証券が多いので、なるべく多く申し込むのがベストだと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社