ブランディングテクノロジー(7067)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の6月4日からスタートします。

ブランディングテクノロジーは、マザーズの小型IPOなので、需給面で人気を集めると思います。

また、ブランディングテクノロジーの主幹事は個人投資家に人気のSBI証券なので、注目度もかなり高そうですね。

ブランディングテクノロジー

ブランディングテクノロジー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ブランディングテクノロジー
コード7067
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)大和証券
楽天証券
岩井コスモ証券
藍澤證券
極東証券
東洋証券
むさし証券
エース証券
丸三証券
香川証券
おきぎん証券
上場日6月21日
仮条件決定日5月31日(1,600円~1,740円に決定)
ブックビルディング期間6月4日から6月10日まで
公開価格決定日6月11日(1,740円に決定)
申込期間6月13日から6月18日まで
公募126,200株
(新株式発行:70,800株
自己株式の処分:55,400株)
売出し30,000株
OA0株
吸収金額2.4億円
時価総額24.8億円
想定価格1,540円→公開価格:1,740円
初値価格4,825円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

ブランディングテクノロジーIPOの事業内容

ブランディングテクノロジーは、主にインターネットを活用して販売促進や事業拡大を実現したい中堅・中小企業に対して、ブランド事業デジタルマーケティング事業オフショア関連事業を展開しています。

ブランド事業では、顧客のブランドを明確にし、顧客が抱える収益拡大課題、人材および育成課題に合わせたソリューションを提供しており、約3,000社(2019年3月現在)の経営サポート顧客を抱えています。

ブランディングテクノロジーのブランド事業

(※画像クリックで拡大)

また、「歯科医院経営改善ツール(ケイカイ)」「治療計画書作成ツール(ミディアモーレ)」「歯科医院専用チャットボット(デンタボット)」など、歯科医院に特化した経営サービスも提供しています。

デジタルマーケティング事業では、主に中堅・中小企業に対して、現状分析から戦略立案・実行、効果測定まで、インターネット上の総合マーケティング支援をワンストップで提供しています。

ブランディングテクノロジーの提供ソリューション

(※画像クリックで拡大)

オフショア関連事業では、株式会社アザナおよびVieTry CO.,LTD.と連携し、Webサイトの制作および運用・開発サービスを提供しています。

ブランディングテクノロジーIPOの業績

ブランディングテクノロジーの業績

(※画像クリックで拡大)

ブランディングテクノロジーIPOの売上は堅調に推移していて、利益も急伸しているので、今後の成長性も期待できそうです。

ブランディングテクノロジーのIPO評価

ブランディングテクノロジーはマザーズへの単独上場で、規模(吸収金額2.4億円)も小さいため、需給面で人気化すると思います。

また、ブランディングテクノロジーはVC(ベンチャーキャピタル)保有株(約38万株)が気になりますが、それでもロックアップが解除される公開価格の1.5倍は軽くクリア出来そうです。

よって、ブランディングテクノロジーのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ブランディングテクノロジーIPOは、初日値付かずも想定される強い初値形成になると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ブランディングテクノロジーIPOのその他情報はこちら

ブランディングテクノロジーのBB(ブックビルディング)スタンス

ブランディングテクノロジーのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込む予定です。

ブランディングテクノロジーIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも可能です。

しかし、ブランディングテクノロジーIPOのポイント当選配分数は100株の可能性が高そうなので、ポイントに見合う利益が得られるかは微妙ですね。

ブランディングテクノロジーのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券
(主幹事)
BB参加
大和証券 BB参加
楽天証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
むさし証券 BB参加
エース証券 口座なし
丸三証券 BB参加
香川証券 口座なし
おきぎん証券 口座なし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社