ブロードマインド(7343)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の3月10日から始まります。ブロードマインドは、保険をはじめとした様々な金融サービスをワンストップで提供している企業です。

ブロードマインドは、イー・ロジットとの同時上場ですが、どちらも規模は大きくないので、十分にこなせそうですね。

ブロードマインド

ブロードマインド(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ブロードマインド
コード7343(保険業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
あかつき証券
上場日3月26日
仮条件決定日3月8日(710円~810円に決定)
ブックビルディング期間3月10日から3月16日まで
公開価格決定日3月17日(810円に決定)
申込期間3月18日から3月23日まで
公募600,000株
売出し300,000株
OA135,000株
吸収金額7.3億円
時価総額36.7億円
想定価格710円→公開価格:810円
初値価格1,566円

ブロードマインドIPOの事業内容

ブロードマインドは、ライフプランニング(=自身の人生設計と資金的な見通し)を土台に顧客の潜在的な金融ニーズを掘り起こし、あらゆる年代・ライフステージに応じて、保険・証券・住宅ローン・不動産などの金融サービスをワンストップで提供しています。

ブロードマインドのソリューション構成

ブロードマインドは、20代から40代のファミリー層に需要のある生命保険契約を中心に顧客を獲得し、ライフステージに応じて他商品の販売を展開しています。

また、ブロードマインドは国内大手クレジットカード会社や国内大手信販会社および大手フィンテック企業等に代表される事業会社との業務提携を強化し、見込み客を安定的かつ継続的に確保する仕組みを作り上げています。

ブロードマインドの事業の特徴

ブロードマインドIPOの事業系統図

ブロードマインドの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 当社グループの認知度向上を目的とした広報及びマーケティング投資
  2. 再販機会を創出することを目的に、既存のWebサービスの機能強化やサービスポータルの開発、及び既存顧客への提案力の強化に資する基幹システムの開発等
  3. 資産形成・運用サービス領域の機能拡大及びコンプライアンスの体制の強化を目的とした専門人材の確保のため、新規採用に係る人件費

ブロードマインドIPOの業績

ブロードマインドの業績

(※画像クリックで拡大)

ブロードマインドIPOの業績は概ね堅調に推移していて問題なさそうですね。

ブロードマインドのIPO評価

ブロードマインドは、イー・ロジットとの同時上場になりますが、小型(吸収金額7.3億円)でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株もないため、それでも需給面で人気を集めると思います。

また、保険代理店業を中心とした金融サービス事業は目新しさに欠けますが、顧客数は順調に増加しており、業績も安定しているので、事業面でもそれなりの評価を得られそうです。

よって、ブロードマインドのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ブロードマインドIPOは、初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ブロードマインドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ブロードマインドIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨む予定です。主幹事のみずほ証券はもとより、SBI証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込むつもりです。

ブロードマインドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
松井証券 BB参加
あかつき証券 口座なし


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社