ジーネクスト(4179)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の3月10日からスタートします。ジーネクストは、顧客対応DXプラットフォーム「Discoveriez」の開発・販売している企業です。

ジーネクストは、ベビーカレンダーとの同時上場ですが、どちらも前評判が高いので、あまり心配する必要はなさそうですね。

ジーネクスト

ジーネクスト(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ジーネクスト
コード4179(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
マネックス証券
いちよし証券
丸三証券
岩井コスモ証券
水戸証券
極東証券
松井証券
上場日3月25日
仮条件決定日3月9日(1,130円~1,230円に決定)
ブックビルディング期間3月10日から3月16日まで
公開価格決定日3月17日(1,230円に決定)
申込期間3月18日から3月23日まで
公募350,000株
売出し206,500株
OA83,400株
吸収金額7.2億円
時価総額46.1億円
想定価格1,130円→公開価格:1,230円
初値価格2,851円

SMBC日興証券 オンライントレード

ジーネクストIPOの事業内容

ジーネクストは、顧客対応をDX(デジタル・トランスフォーメーション)化するクラウド型SaaSプラットフォーム「Discoveriez」を提供しています。

Discoveriezは、複雑化していく顧客対応業務をデジタルの力で効率化し、顧客対応で集まるお客さまの声を企業の事業活動に反映させ、様々なプロセスの可視化や、実行フローのマネジメントを強みとするICTプラットフォームになっています。

ジーネクストのDiscoveriez

ちなみに、Discoveriezはすでに下記のような幅広い業種のナショナルクライアントに利用されています。

Discoveriezのナショナルクライアント

IPOによる手取金の使途

  1. 「Discoveriez」の機能強化
  2. エンジニア、営業及びカスタマーサクセス等の人件費・採用費

ジーネクストIPOの業績

ジーネクストの業績

(※画像クリックで拡大)

ジーネクストIPOの売上は堅調に推移しており、利益も黒字化が見えてきたところなので、今後に期待といった感じですね。

ジーネクストのIPO評価

ジーネクストはベビーカレンダーとの同時上場ですが、小型(吸収金額7.2億円)なIT関連のマザーズIPOなので、それでもかなりの人気を集めると思います。

ただ、ジーネクストはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約33万株)がそれなりにあるので、頭に入れておいた方が良さそうです。

また、ジーネクストはDX(デジタルトランスフォーメーション)、クラウドSaaSといったIPOで人気のテーマ性でも注目されると思います。

よって、ジーネクストのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ジーネクストIPOは、初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ジーネクストIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ジーネクストIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込むつもりです。主幹事のSMBC日興証券はもちろんのこと、マネックス証券松井証券などの平幹事ももれなく申し込む予定です。

ジーネクストIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
丸三証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
水戸証券 口座なし
極東証券 口座なし
松井証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社