ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(4266)IPOの新規上場が承認されました。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOは2月4日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOの主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券大和証券が共同で務めることになっています。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOは既に新規承認されているセイフォートIPOとの同時上場になります。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング
コード4266(情報・通信業)
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
野村證券
SBI証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
あかつき証券
楽天証券
岡三証券
松井証券
いちよし証券
丸三証券
極東証券
auカブコム証券
岡三オンライン
上場日2月4日
仮条件決定日1月19日
ブックビルディング期間1月20日から1月26日
公開価格決定日1月27日
申込期間1月28日から2月2日まで
公募60,000株
売出し3,656,100株
OA557,300株
吸収金額213.7億円
時価総額351.4億円
想定価格5,000円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPO幹事のSMBC日興証券

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOの概要

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOは国内企業・官公庁など様々な業界の第一線で、DXに関するコンサルティング・システム開発を支援しています。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOは「クラウド」「AI」「デジタルマーケティング」「RPA」の4つをコアテクノロジーとして事業を展開しています。

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOはDXクラウドAIなど、IPOで人気のキーワードが満載ですが、値がさで規模(吸収金額213.7億円)も大きいのが気掛かりです。

ただし、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOは欧州及びアジアを中心とした海外市場(米国及びカナダを除く)への販売も予定されているので、海外での人気次第で状況も変わりそうです。

また、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOはほとんどが売出株なので、投資ファンドのイグジット(出口)案件として警戒されるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOの幹事団は、共同主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券大和証券を中心に、SMBC日興証券マネックス証券などの14社で構成されています。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事なので、同グループのauカブコム証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOの初値予想

ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングIPOの初値予想は、仮条件決定後(1月19日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社