日本創発グループ(7814)とファンペップ(4881)の立会外分売が発表されています。

日本創発グループは、デジタルコンテンツ事業やプロモーション支援事業などを行っている企業です。

また、ファンペップは機能性ペプチドの機能に着目し、医薬品、化粧品、医療機器等の研究開発や製品開発を行っているバイオベンチャーです。

日本創発グループ

日本創発グループ(7814)とファンペップ(4881)の立会外分売スケジュール
銘柄名 分売実施日 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
日本創発グループ
(JQ・7814)
6/22~6/25 1,164,800株 10,000株
ファンペップ
(東M・4881)
6/24~6/28 × 520,000株 10,000株

(※2021年6月19日現在)

日本創発グループの立会外分売目的は、「立会外分売による当社株式の分布状況の改善および流動性の向上を図るため。」となっています。

日本創発グループは貸借銘柄で流動性もそれなりにあります。しかし、分売株数(1,164,800株)が多く、低位株であまり値幅も取れそうにないので、割引率と当日の地合いによって参加するかどうか決めたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ファンペップの立会外分売目的は、「当社株式の分布状況の改善及び流動性の向上を図るため。」となっています。

ファンペップは2020年12月にIPO新規上場したので、このタイミングでの分売は180日のロックアップが解除されることによる換金売りだと思われます。また、ファンペップは赤字のバイオベンチャーでもあるので、今のところ見送るつもりです。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいため、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、SBIネオトレード証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング