ステムリム(4599)の立会外分売が発表されています。ステムリムは、難治性疾患の治療を可能とする機能的組織再生促進薬「再生誘導医薬」を開発しているバイオベンチャーです。

ステムリムは昨年(2019年)の8月9日に東証マザーズ市場へIPO新規上場した銘柄ですが、仮条件が想定価格から大幅に下振れしたうえに、初値が公開価格を割れたため、IPO投資家の印象はあまり良くないですね。

ステムリム

ステムリム(4599)の立会外分売スケジュール
銘柄名 分売実施日 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
ステムリム
(東M・4599)
2/14~2/18 × 1,700,000株 10,000株

(※2020年2月10日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ステムリムの立会外分売目的は、「一定数量の売却意向があり当社として検討した結果、立会外分売に よる当社株式の分布状況の改善及び流動性の向上を図るため。」となっています。

ステムリムは、とにもかくにも分売株数(1,700,000株)が多く、IPO新規上場時の印象も良くないため、今のところ見送る予定です。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング