セレコーポレーション(5078)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。セレコーポレーションIPOは仮条件が下振れしたため、警戒感が高まっているようです。

ただ、投資家の初値買い意欲はやや回復してきている感もあるので、セレコーポレーションIPOも踏ん張ってほしいですね。

セレコーポレーション

セレコーポレーションIPOの過去記事

セレコーポレーションIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

セレコーポレーションIPOのBBスタンスとIPO評価!不動産関連IPO

セレコーポレーションIPOの初値予想!仮条件は下振れ

セレコーポレーションIPOの配分数(割当数)

セレコーポレーションIPOの配分数(割当数)は主幹事のみずほ証券約90%をしめていますが、それでも当選枚数は少なめです。

また、平幹事の中では100%平等抽選のマネックス証券ならチャンスがありそうです。

セレコーポレーションIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
みずほ証券 (主幹事) 441,300株 90% 441枚 A
SMBC日興証券 24,500株 5% 25枚
SBI証券 12,200株 2.5% 55枚 C
マネックス証券 12,200株 2.5% 122枚 B
合計 490,200株 100% 643枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

セレコーポレーションIPOのBB(ブックビルディング)は2月24日からスタートしているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながらご検討ください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング