コンピューターマネージメント(4491)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の2月25日から開始されます。

コンピューターマネージメントは、IT関連の小型なIPOなので、需給面で人気を集めそうです。IPOラッシュ真っ只中での新規上場になりますが、単独上場できる点もプラス要素ですね。

コンピューターマネージメント

コンピューターマネージメント(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名コンピューターマネージメント
コード4491(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
岩井コスモ証券
岡三証券
むさし証券
岡三オンライン証券
上場日3月11日
仮条件決定日2月21日(2,630円~2,750円に決定)
ブックビルディング期間2月25日から3月2日まで
公開価格決定日3月3日(2,750円に決定)
申込期間3月4日から3月9日まで
公募187,200株
売出し179,600株
OA55,000株
吸収金額11.1億円
時価総額25.6億円
想定価格2,630円→公開価格:2,750円
初値価格4,360円

SMBC日興証券 オンライントレード

コンピューターマネージメントIPOの事業内容

コンピューターマネージメントは、顧客の経営に直結するシステム課題を解決するITシステムソリューションサービスを提供している独立系の情報サービス企業です。

事業の中核であるゼネラルソリューションサービスでは、金融業(銀行・保険・証券)、産業・流通業、公共分野、医療分野等の幅広い分野において、顧客であるエンドユーザーや国内ITメーカー、大手システムインテグレーターからの受託開発、運用保守などを行っています。

また、インフラソリューションサービスでは顧客のITシステム基盤となるサーバー等ハードウェアの導入やネットワークの構築、データベース、アプリケーション基盤等のシステムインフラを構築するとともに、その後の運用や保守までの一連のサービスを提供しています。

さらに、ERPソリューションサービスではERPパッケージベンダーとして世界トップシェアを誇るSAPジャパンとパートナー契約を結んでおり、SAP製品の導入支援、カスタマイズ、アドオン開発、保守・運用まで、ワンストップで提供しています。

コンピューターマネージメントの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 大阪本社移転に係る費用
  2. 事業拡大に係る人件費
  3. 社内基幹システムへの投資
  4. 開発拠点拡充のための東京本社分室開設にかかる費用

コンピューターマネージメントIPOの業績

コンピューターマネージメントの業績

(※画像クリックで拡大)

コンピューターマネージメントIPOの業績は右肩上がり伸びていて順調そうです。

コンピューターマネージメントのIPO評価

コンピューターマネージメントは、IPOラッシュ真っ只中での新規上場ですが、単独上場で規模(吸収金額11.1億円)も小さいため、他の銘柄に比べて需給面は良い方だと思います。

また、システム開発関連事業はIPOで根強い人気があり、業績が好調に推移していることも追い風になりそうです。

よって、コンピューターマネージメントのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。コンピューターマネージメントIPOは、公開価格の2倍前後の高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

コンピューターマネージメントIPOのその他情報はこちら

コンピューターマネージメントIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

コンピューターマネージメントIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。

主幹事のSMBC日興証券はもちろんのこと、IPO幹事常連のSBI証券や、前受金不要(事前入金不要)の岡三オンライン証券などの平幹事も全て申し込むつもりです。

トゥエンティーフォーセブンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
むさし証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング