フォーラムエンジニアリング(7088)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の2月25日から始まります。

フォーラムエンジニアリングは、エンジニアに特化した人材派遣事業を行っていることで関心を集めているようです。

ただ、フォーラムエンジニアリングは今のところ3月に新規上場するIPOの中で、規模(海外への売出分含む)が一番大きいため、需給面に不安がありますね。

フォーラムエンジニアリング

フォーラムエンジニアリング(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名フォーラムエンジニアリング
コード7088(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
上場日3月9日
仮条件決定日2月21日(1,310円~1,400円に決定)
ブックビルディング期間2月25日から2月27日まで
公開価格決定日2月28日(1,310円に決定)
申込期間3月2日から3月5日まで
公募0株
売出し9,673,600株
(国内:4,499,400株
海外:5,174,200株)
OA674,800株
吸収金額135.6億円(国内:67.8億円)
時価総額348.8億円
想定価格1,310円→公開価格:1,310円
初値価格1,030円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

フォーラムエンジニアリングIPOの事業内容

フォーラムエンジニアリングは、機械・電気系(「機電系」)主要8業種(自動車、輸送用機械、産業用機械、精密機器、電気機器、家電、電子部品、情報通信)に属する企業とそれに属する部署に技術社員を派遣するエンジニア派遣サービスを主な事業として展開しています。

また、フォーラムエンジニアリングはAI(人工知能)を活用したダイレクトマッチングプラットフォーム「cognavi(コグナビ)」によって、エンジニア人材が保有するスキルと顧客企業の各部署に必要なスキルの両方を数値化することで、客観性の高いマッチングを実現しています。

フォーラムエンジニアリングのcognavi(コグナビ)

さらに、フォーラムエンジニアリングは人材サービスとして「cognavi(コグナビ)転職」と「cognavi(コグナビ)新卒」、HRマネジメントサービスとして「cognavi(コグナビ) タレントマネジメント(企業内エンジニア配置最適化サービス)」と「cognavi(コグナビ) カレッジ(企業内エンジニア向け研修仲介サービス)」も提供しています。

フォーラムエンジニアリングIPOの事業系統図

フォーラムエンジニアリングの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

フォーラムエンジニアリングIPOの業績

フォーラムエンジニアリングの業績

(※画像クリックで拡大)

フォーラムエンジニアリングIPOの業績は、やや頭打ちといった感じですが、堅調に推移しているので問題はなさそうです。

フォーラムエンジニアリングのIPO評価

フォーラムエンジニアリングの吸収金額は、想定価格ベースで135.6億円ですが、海外への売出予定分を除けば、国内の吸収金額は67.8億円になります。

ただ、フォーラムエンジニアリングは公募株ゼロの売出株のみなので、それでも需給面で警戒されそうです。

また、人材派遣事業も新鮮味に欠けますが、AI(人工知能)というテーマ性で多少なりとも注目されるかもしれません。

よって、フォーラムエンジニアリングのIPO評価は、東証1部に決まるかどうかで変わりますが、今のところDが妥当だと考えています。

フォーラムエンジニアリングIPOは、公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フォーラムエンジニアリングIPOのその他情報はこちら

フォーラムエンジニアリングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

フォーラムエンジニアリングIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただし、SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込むつもりです。

フォーラムエンジニアリングIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB検討中
みずほ証券 BB検討中
SBI証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング