コプロ・ホールディングス(7059)IPOの仮条件が決定しました。コプロ・ホールディングスIPOは、建設業界に特化した人材派遣事業で関心を集めているようです。

ただ、コプロ・ホールディングスはIPOラッシュ中の3社同時上場で規模も大きいため、買い疲れや資金分散の影響を受けそうですね。

コプロ・ホールディングス

コプロ・ホールディングスIPOの関連記事

コプロ・ホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!人材関連IPO!

コプロ・ホールディングスIPOの新規上場を承認!主幹事は大和証券!

コプロ・ホールディングスIPOの仮条件

2,050円~2,090円

コプロ・ホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の2,090円を上限に下方へ少しだけ拡げた狭いレンジで設定されています。コプロ・ホールディングスIPOは、当初からそこそこの評価だったので、やや弱気の仮条件も妥当だと思います。

ちなみに、コプロ・ホールディングスIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は33.6億円になるので、やはりやや重く感じますね。

SMBC日興証券 オンライントレード
口座開設でIPO優遇特典あり

コプロ・ホールディングスIPOの初値予想

2,300円 (想定価格比:+210円)

(※大手予想会社の初値予想:2,300円~2800円)

コプロ・ホールディングスIPOは、注目度の高いミンカブ・ジ・インフォノイドIPOを含む3社同時上場で、規模(吸収金額33.6億円)も大きいため、資金分散の影響は避けられそうにありません。

ただ、建設業界を中心とした人材派遣事業は,人手不足が叫ばれる昨今において、それなりに注目されそうです。

よって、コプロ・ホールディングスIPOは公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

コプロ・ホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

コプロ・ホールディングスIPOの幹事団

コプロ・ホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 東海東京証券
SMBC日興証券
野村證券
SBI証券
エース証券

主幹事の大和証券は、チャンス当選の可能性もあるので、IPO抽選組にもチャンスがありそうです。また、IPOでお馴染みのSMBC日興証券SBI証券も要チェックです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社