クリーマ(4017)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の11月11日からスタートします。クリーマは、日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema」を運営している企業です。

また、クリーマのIPO主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントのボーダーや当選配分数などについて、にほんブログ村などでも様々な予想が飛び交いそうですね。

クリーマ

クリーマ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名クリーマ
コード4017(情報・通信業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
エース証券
岩井コスモ証券
岡三証券
丸三証券
水戸証券
SBIネオモバイル証券
岡三オンライン証券
上場日11月27日
仮条件決定日11月9日(3,250円~3,570円に決定)
ブックビルディング期間11月11日から11月17日まで
公開価格決定日11月18日(3,570円に決定)
申込期間11月19日から11月25日まで
公募113,000株
売出し1,559,700株
OA167,200株
吸収金額59.8億円
時価総額197.9億円
想定価格3,250円→公開価格:3,570円
初値価格4,850円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

クリーマIPOの事業内容

クリーマはクリエイターエンパワーメント事業として、創作活動に取り組む全国のクリエイターと生活者(ユーザー)が、オンライン上で直接オリジナル作品を売買できるCtoCのハンドメイドマーケットプレイス「Creema」を運営しています。

 「Creema」では、クリエイターが自身の作品をマーケットプレイスに出品し、ユーザーがその作品を購入する際、クリーマが決済の仲介を行い、購入代金から一定の販売手数料をクリーマが差し引き、その残金を売上金としてクリエイターに入金するというビジネスモデルになっています。

「Creema」重要指標推移

「Creema」重要指標推移

(※画像クリックで拡大)

また、クリーマは日本最大級のクリエイターの祭典「HandMade In Japan Fes’(東京ビッグサイト)」等の大型イベントの開催や、「Creema Store(新宿・札幌)」等の店舗を展開するイベント・ストアサービスも行っています。

さらに、クリーマはクリエイターの創造的な活動を応援することに特化した購入型クラウドファンディングサービス「Creema SPRINGS」も開始しています。

クリーマIPOの事業系統図

クリーマの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. クリエイターエンパワーメント事業における既存サービスの拡大費用
  2. クリエイターエンパワーメント事業における新サービスの実施
  3. インフラ強化のための運転資金

クリーマIPOの業績

クリーマの業績

(※画像クリックで拡大)

クリーマIPOの売上は右肩上がりで伸びていて、利益も黒字転換しているので、今後に期待できそうですね。

クリーマのIPO評価

クリーマは、値がさで規模(吸収金額59.8億円)が大きく、売出株(1,559,700株)とVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多いため、需給面に不安があります。

ただ、ハンドメイドマーケットプレイス事業は独自性があり、業績も伸びているため、事業面で関心を集めそうです。

よって、クリーマのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。クリーマは公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

クリーマIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

クリーマIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加する予定です。主幹事のSBI証券はもとより、SMBC日興証券岩井コスモ証券などの平幹事も、なるべく申し込むつもりです。

クリーマIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
エース証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
丸三証券 BB参加
水戸証券 口座なし
SBIネオモバイル証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング