バリオセキュア(4494)IPOの改めての新規上場が承認されました。バリオセキュアIPOは、11月30日に東京証券取引所2部市場へ新規上場する予定です。

また、バリオセキュアIPOの主幹事は前回と同様に野村證券が務めることになっています。

バリオセキュアIPOは、本来なら3月30日に新規上場する予定でしたが、新型コロナウィルスの影響によって上場を中止していたので、仕切り直しての新規上場になります。

バリオセキュア

バリオセキュア(東証2部)のIPO基本情報

銘柄名バリオセキュア
コード4494(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
大和証券
いちよし証券
みずほ証券
岡三証券
岩井コスモ証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日11月30日
仮条件決定日11月11日(2,210円~2,250円に決定)
ブックビルディング期間11月12日から11月17日まで
公開価格決定日11月18日(2,250円に決定)
申込期間11月19日から11月25日まで
公募0株
売出し2,365,000株
OA354,700株
吸収金額60.1億円
時価総額82.4億円
想定価格2,210円→公開価格:2,250円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
バリオセキュアIPO幹事のSMBC日興証券

バリオセキュアIPOの概要

バリオセキュアIPOはマネージドセキュリティ事業として、自社独自開発の統合型セキュリティ機器VSR-VarioSecure Routerと、独自の運用保守体制により、企業がインターネットを利用する際に発生する様々な脅威から企業のネットワーク環境を守り、安全にインターネットを利用できるようにする総合的なサービスを提供しています。

また、バリオセキュアIPOはセキュリティ機器販売事業として、マネージドセキュリティサービスとは異なるユーザ企業層に対し、Layer8技術によるユーザ、アプリケーション管理に対応した次世代UTM「VCR-Vario Communicate Router」の販売を行っています。

バリオセキュアIPOは、公募株ゼロで売出株のみの再上場IPO(2006年に大阪証券取引所のヘラクレスに新規上場し、2009年に上場を廃止)なので、イグジット(出口)案件として警戒されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

バリオセキュアIPOの幹事団は、主幹事の野村證券をはじめ、SMBC日興証券マネックス証券など、前回と全く同じ証券会社が顔を揃えています。


IPOは100%完全抽選のマネックス証券

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も前回と同様に委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

バリオセキュアIPOの初値予想

バリオセキュアIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月11日以降)に追記させていただきます。

2,250円 (想定価格比:+40円)

(※大手予想会社の初値予想:2,250円~2,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社