ジオコード(7357)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の11月9日から開始されます。ジオコードは規模の小ささから、需給面で注目されているようです。

ただ、主幹事はIPO抽選組が最も避けたいいちよし証券(抽選配分比率がたったの1%)というのが残念でなりませんね。

ジオコード

ジオコード(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ジオコード
コード7357(サービス業)
主幹事証券いちよし証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
東洋証券
楽天証券
松井証券
SBI証券
マネックス証券
極東証券
岩井コスモ証券
岡三証券
丸三証券
むさし証券
岡三オンライン証券
上場日11月26日
仮条件決定日11月5日(1,200円~1,250円に決定)
ブックビルディング期間11月9日から11月13日まで
公開価格決定日11月16日(1,250円に決定)
申込期間11月17日から11月20日まで
公募420,000株
(新株式発行:380,000株
自己株式の処分:40,000株)
売出し250,000株
OA100,500株
吸収金額9.6億円
時価総額30.9億円
想定価格1,250円→公開価格:1,250円
初値価格3,025円

SMBC日興証券 オンライントレード

ジオコードIPOの事業内容

ジオコードは、顧客のWeb領域における課題を総合的に解決するWebマーケティング事業とクラウド型業務支援ツールをSaaS形態で提供するクラウド事業を展開しています。

Webマーケティング事業では、インターネット上のマーケティング活動には欠かせない「SEO対策」「Web広告」「Webサイト制作」を「一社完結」で提供することにより、顧客に対しWebマーケティング活動全体を俯瞰した分析や提案をして、課題解決に向けた適切なサービスの提供を行っています。

クラウド事業では、主に中堅・中小企業に対し、SaaS形態のクラウド型業務支援ツールとして、勤怠管理・交通費精算・経費精算ツール「ネクストICカード」と営業支援ツール「ネクストSFA」を提供しています。

ジオコードは、安定した収益基盤を確立することが重要であると考えており、一度限りの取引ではなく、顧客と長期的な関係を構築することが可能な一定の契約期間を設けた継続取引を中心に事業を展開しています。

ジオコードIPOの事業系統図

ジオコードの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 採用活動の強化に伴う関連費用
  2. 業務の効率化、IT運用管理強化のためのソフトウエア購入及びテレワーク環境整備のための投資

ジオコードIPOの業績

ジオコードの業績

(※画像クリックで拡大)

ジオコードIPOの業績は概ね好調に推移していて問題なさそうです。

ジオコードのIPO評価

ジオコードは、吸収金額が想定価格ベースで9.6億円と小さく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もほぼ無いため、需給面で人気を集めると思います。

また、Webマーケティング事業はやや地味ですが、業績好調でクラウドというテーマ性もあるため、事業面でも一定の評価を得られそうです。

よって、ジオコードのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ジオコードIPOは、初日値付かずも想定される強い初値形成になると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ジオコードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ジオコードIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事のいちよし証券をはじめ、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事もしっかりと申し込みたいと思います。

ジオコードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
いちよし証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱い無し
楽天証券 BB参加
松井証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
極東証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
丸三証券 BB参加
むさし証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング