エブレン(6599)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の6月11日から開始されます。エブレンはジャスダックの電子機器セクターなので、全体的に地味な印象です。

ただし、エブレンは単独上場で規模が小さいため、需給面で関心を集めそうですね。

エブレン

エブレン(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名エブレン
コード6599(電気機器)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)いちよし証券
マネックス証券
楽天証券
上場日6月29日
仮条件決定日6月9日(1,200円~1,350円に決定)
ブックビルディング期間6月11日から6月17日まで
公開価格決定日6月18日(1,350円に決定)
申込期間6月19日から6月24日まで
公募142,900株(自己株式の処分)
売出し127,000株
OA40,400株
吸収金額3.3億円
時価総額16.1億円
想定価格1,050円→公開価格:1,350円
初値価格5,000円

エブレンIPOの事業内容

エブレンは、組込型コンピュータ(産業用コンピュータ)及びその周辺製品を、大手システムメーカー(産業用電子機器メーカーや機械装置メーカー等)に販売している企業です。

エブレンの応用分野

エブレンは、主に通信・医療・交通・半導体製造装置・FA機器・計測装置・セキュリティー等のシステムに組込まれるコンピュータを製造しています。

また、最近ではIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、HPC(スーパーコンピュータ)、エッジコンピューティング分野のコンピュータハードウェアの開発案件も増加しています。

IPOによる手取金の使途

  1. 半導体製造装置に実装する試作品の性能評価、及び段階的に予定している量産体制を整えるための設備資金
  2. 新規事業における運転資金

エブレンIPOの業績

エブレンの業績

(※画像クリックで拡大)

エブレンIPOの業績は、やや横ばいながらも堅調に推移しているようです。

エブレンのIPO評価

エブレンは、吸収金額が想定価格ベースで3.3億円と小さいため、需給面で注目されると思います。

また、組込型コンピュータ(産業用コンピュータ)事業は地味ながらも一定の人気があり、IoT5Gなどのテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、エブレンのIPO評価はBが妥当だと考えています。エブレンIPOは、公開価格の1.5倍程度で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エブレンIPOのその他情報はこちら

エブレンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エブレンIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。エブレンIPOの幹事団は、主幹事の野村證券を含めて3社しかないので、全てに申し込むつもりです。

エブレンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
いちよし証券 BB参加
マネックス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング