フィーチャ(4052)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の6月9日からスタートします。

フィーチャは、車載カメラやドライブレコーダ向けの画像認識ソフトウェアを開発していることで関心を集めているようです。

また、フィーチャはロコガイドコパ・コーポレーションとの3社同時上場になりますが、その中でも一番規模が小さいため、需給面でも一歩リードしていますね。

フィーチャ

フィーチャ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名 フィーチャ
コード4052(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)大和証券
水戸証券
極東証券
みずほ証券
エース証券
東洋証券
SBI証券
楽天証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
上場日6月24日
仮条件決定日6月8日(470円~520円に決定)
ブックビルディング期間6月9日から6月15日まで
公開価格決定日6月16日(520円に決定)
申込期間6月17日から6月22日まで
公募150,000株
売出し430,000株
OA87,000株
吸収金額3.1億円
時価総額25.4億円
想定価格470円→公開価格:520円
初値価格4,710円

SMBC日興証券 オンライントレード

フィーチャIPOの事業内容

フィーチャは、「Make Things Intelligent」をミッションとして掲げながら、AI(人工知能)を用いた画像認識ソフトウェア開発事業を行っています。

フィーチャは、なかでも車載カメラやドライブレコーダ向けに歩行者や車両、車線、標識などを検知するADAS(自動車の運転手の運転操作を支援するシステム)用の組み込みソフトウェアの開発に注力しています。

フィーチャのADAS用ソフトウェア

また、フィーチャは顔認証及びよそ見運転、危険運転、居眠り運転等を検知するDMS(自動車の運転手を監視するシステム)用ソフトウェアも提供しています。

フィーチャのDMS用ソフトウェア

フィーチャIPOの事業系統図

フィーチャの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 当社事業の発展のためには、ディープラーニングをはじめとした画像認識技術の研究開発を促進して認識精度や実装性といった技術力を向上させること及び増加が見込まれる受託案件に対応できる開発体制の構築が必要であると認識しております。そのための人件費及びエージェント利用料や紹介料などの採用費として充当

フィーチャIPOの業績

フィーチャの業績

(※画像クリックで拡大)

フィーチャIPOの売上は順調に伸びており、利益もかなりバラついてはいますが、今後に期待できそうです。

フィーチャのIPO評価

フィーチャは、3社同時上場でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約91.5万株)も気になりますが、手頃な価格で規模(吸収金額3.1億円)が小さいため、それでも需給面で人気を集めると思います。

また、フィーチャは自動運転AI(人工知能)というテーマ性でも注目されそうです。

よって、フィーチャのIPO評価はAが妥当だと考えています。フィーチャIPOは、公開価格の2倍を上回る高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フィーチャIPOのその他情報はこちら

フィーチャIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

フィーチャIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。主幹事のSMBC日興証券を中心に、SBI証券楽天証券などの平幹事ももれなく申し込むつもりです。

フィーチャIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
水戸証券 口座なし
極東証券 口座なし
みずほ証券 BB参加
エース証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング