エクサウィザーズ(4259)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の12月8日からスタートします。エクサウィザーズは企業向けAI・DXサービスを統合したプラットフォーム「exaBase」を運営しています。

エクサウィザーズは規模が同時上場する5社の中で一番大きいため、資金分散や買い疲れの影響も大きそうです。

エクサウィザーズ

エクサウィザーズ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名エクサウィザーズ
コード4259(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SBI証券
楽天証券
auカブコム証券
上場日12月23日
仮条件決定日12月7日(1,050円~1,150円に決定)
ブックビルディング期間12月8日から12月14日
公開価格決定日12月15日(1,150円に決定)
申込期間12月16日から12月21日まで
公募4,000,000株
(国内:998,800株
海外:3,001,200株)
売出し25,607,200株
(国内:6,394,100株
海外:19,213,100株)
OA2,800,000株
吸収金額340億円
(国内:107億円
海外:233億円)
時価総額832.7億円
想定価格1,050円→公開価格:1,150円
初値価格1,030円

SMBC日興証券 オンライントレード

エクサウィザーズIPOの事業内容

エクサウィザーズはAI(人口知能)を用いて社会課題を解決するというミッションの実現に向けて、AIプラットフォーム事業AIプロダクト事業を行っています。

エクサウィザーズの事業

(※画像クリックで拡大)

AIプラットフォーム事業は個別企業を顧客とし、AIプラットフォーム「exaBase」に蓄積されたデータ基盤を用いたコンサルティングや、アルゴリズム・ソフトウエア開発を通じて、顧客企業のデジタル・AI戦略やDX等の推進体制の立案・実行及び投資効果の最大化を支援しています。

エクサウィザーズのAIプラットフォーム事業

(※画像クリックで拡大)

AIプロダクト事業では、多くの企業に共通した業務課題に向けて、顧客の業務プロセスに簡易に導入・活用可能なAIソフトウエア群を提供しています。

具体的には、介護スタッフの間接業務をAI×音声入力でサポートするアプリ「CareWiz ハナスト」、家族介護のお悩み解決をサポートするアプリ「CareWiz 家族支援」、5mの歩行動画から歩行者の転倒リスクをAIが解析するアプリ「CareWiz トルト」などを提供しています。

AIプロダクト事業のプロダクト群と市場規模

AIプロダクト事業のプロダクト群と市場規模

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 事業拡大のための採用費及び人件費
  2. プロダクト開発のためのソフトウエア開発投資
  3. exaBase強化のための研究開発費
  4. 広告宣伝・販売促進等のマーケティング投資
  5. 売上拡大に伴う運転資金
  6. 借入金の返済資金

エクサウィザーズIPOの業績

エクサウィザーズの業績

(※画像クリックで拡大)

エクサウィザーズIPOの売上は右肩上がりですが、赤字も右肩上がりなので、黒字化への道のりは険しそうです。

エクサウィザーズのIPO評価

エクサウィザーズはIPOラッシュ中の5社同時上場というだけでなく、その中でも一番大型(吸収金額340億円)なので、需給面に不安があります。

ただし、エクサウィザーズは欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)への販売も予定されているので、海外での人気によって状況も変わるかもしれません。

また、エクサウィザーズはIPOで人気のAI(人口知能)DX(デジタルトランスフォーメーション)関連の事業を展開していますが、連続赤字なのが気掛かりです。

よって、エクサウィザーズのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。

エクサウィザーズIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想していますが、公開価格を割れる可能性も無きにしも非ずだと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エクサウィザーズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エクサウィザーズIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込む予定です。

エクサウィザーズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB検討中
大和証券 BB検討中
みずほ証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB検討中
auカブコム証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング