エクサウィザーズ(4259)IPOの新規上場が承認されました。エクサウィザーズIPOは、12月23日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、エクサウィザーズIPOの主幹事はSMBC日興証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同で務めることになっています。

エクサウィザーズは、本日同じく新規承認されたハイブリッドテクノロジーズやすでに新規承認されていたZEALSなどを含む5社同時上場になります。

エクサウィザーズ

エクサウィザーズ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名エクサウィザーズ
コード4259(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SBI証券
楽天証券
auカブコム証券
上場日12月23日
仮条件決定日12月7日
ブックビルディング期間12月8日から12月14日
公開価格決定日12月15日
申込期間12月16日から12月21日まで
公募4,000,000株
売出し25,607,200株
OA2,800,000株
吸収金額340億円
時価総額832.7億円
想定価格1,050円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
エクサウィザーズIPO主幹事のSMBC日興証券

エクサウィザーズIPOの概要

エクサウィザーズIPOは顧客の経営課題解決に向け、AIプラットフォーム「exaBase」を基軸に年間300件以上のAI/DXプロジェクトを行っています。

また、エクサウィザーズIPOは介護スタッフの間接業務をAI×音声入力でサポートするアプリ「CareWiz ハナスト」や、家族介護のお悩み解決をサポートするアプリ「CareWiz 家族支援」などのAIプロダクトも開発・提供しています。

エクサウィザーズはIPOラッシュ中の5社同時上場というだけでなく、規模(吸収金額340億円)が大きくて業績も赤字なのが懸念材料です。

ただ、エクサウィザーズはIPOで人気のAI(人口知能)というテーマ性があるため、事業面では注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エクサウィザーズIPOの幹事団は、共同主幹事のSMBC日興証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券を中心に、SBI証券楽天証券などの6社で構成されています。


楽天証券のIPOは100%平等抽選

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同主幹事なので、同グループのauカブコム証券も委託幹事入りする可能性が高そうです。←正式に決定しました!

エクサウィザーズIPOの初値予想

エクサウィザーズIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月7日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社