エフ・コード(9211)IPOの新規上場が承認されました。エフ・コードIPOは、12月24日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、エフ・コードIPOの主幹事はSBI証券が務めることになっています。

エフ・コードIPOは、先ほどご紹介したタカヨシIPOなどを含む7社同時上場になります。

エフ・コード

エフ・コード(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名エフ・コード
コード9211(サービス業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)アイザワ証券
あかつき証券
岩井コスモ証券
極東証券
マネックス証券
水戸証券
岡三証券
東洋証券
丸三証券
楽天証券
エイチ・エス証券
光世証券
松井証券
むさし証券
SBIネオトレード証券
岡三オンライン証券
上場日12月24日
仮条件決定日12月7日
ブックビルディング期間12月9日から12月15日
公開価格決定日12月16日
申込期間12月17日から12月22日まで
公募100,000株
売出し59,700株
OA23,900株
吸収金額3.3億円
時価総額37.3億円
想定価格1,820円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
エフ・コードIPO主幹事のSBI証券

エフ・コードIPOの概要

エフ・コードIPOはSaaS型の次世代型Web接客ツール「CODE Marketing Cloud」を提供しています。

CODE Marketing CloudはWebサイト内のユーザー一人ひとりへの接客を最適化することができるため、CVR向上やROI向上などの効果が見込めるツールになっています。

また、エフ・コードIPOはDX戦略支援・実行支援や顧客獲得・育成等のマーケティング支援も行っています。

エフ・コードIPOは7社同時上場になりますが、SaaS関連の小型(吸収金額3.3億円)IPOなので、それでも注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エフ・コードIPOの幹事団は主幹事がSBI証券なので、小型とは思えないほどの大所帯になっています。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

また、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りするかもしれませんね。←正式に決定しました!

エフ・コードIPOの初値予想

エフ・コードIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月7日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社