グッドパッチ(7351)IPOの新規上場が承認されました。グッドパッチIPOは、6月30日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、グッドパッチIPOの主幹事は大和証券が務めることになっています。6月のIPOは6銘柄目となりました。6月下旬は久しぶりに盛り上がりそうですね。

グッドパッチ

グッドパッチ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名グッドパッチ
コード7351(サービス業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
上場日6月30日
仮条件決定日6月11日(610円~690円に決定)
ブックビルディング期間6月15日から6月19日まで
公開価格決定日6月22日(690円に決定)
申込期間6月23日から6月26日まで
公募308,900株
売出し350,900株
OA98,900株
吸収金額4.6億円
時価総額43.8億円
想定価格610円→公開価格:690円
初値価格2,757円

SBI証券[旧イー・トレード証券]
グッドパッチIPO幹事のSBI証券

グッドパッチIPOの概要

グッドパッチIPOは、デジタルプロダクト開発(UI/UXデザイン)を強みに置き、新規事業立ち上げ、ブランド構築、デザイン組織支援などあらゆるビジネス課題にコミットするデザインパートナー事業を展開しています。

また、グッドパッチはデザインプラットフォーム事業として、デザイン会社によるデザイナー向けのキャリア支援サービス「ReDesigner」や、リモートコラボレーションの可能性を広げるクラウドワークスペース「Strap」なども運営しています。

グッドパッチIPOは、吸収金額が想定価格ベースで4.6億円と小さいため、需給面で人気を集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

グッドパッチIPOのその他情報はこちら

グッドパッチIPOの幹事団は、主幹事の大和証券と平幹事のSBI証券の2社のみという超コンパクトな構成になっています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

グッドパッチIPOの初値予想

グッドパッチIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月11日以降)に追記させていただきます。

1,600円→2,100円 (公開価格比:+1,410円)

(※大手予想会社の初値予想:1,000円~1,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社