Finatextホールディングス(4419)IPOの新規上場が承認されました。FinatextホールディングスIPOは、12月22日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、FinatextホールディングスIPOの主幹事は大和証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同で務めることになっています。

本日は、湖北工業IPOライフドリンク カンパニーIPOも新規承認されており、12月のIPOが一気に増えてきましたね。

FinaTextホールディングス

Finatextホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Finatextホールディングス
コード4419(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)松井証券
あかつき証券
楽天証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
auカブコム証券
ストリーム(STREAM)
上場日12月22日
仮条件決定日12月3日(1,100円~1,290円に決定)
ブックビルディング期間12月6日から12月10日
公開価格決定日12月13日
申込期間12月15日から12月20日まで
公募2,800,000株
売出し12,675,700株
OA2,321,200株
吸収金額229.6億円
時価総額628.9億円
想定価格1,290円
初値価格初値決定後に追記


FinatextホールディングスIPO幹事の松井証券

FinatextホールディングスIPOの概要

FinatextホールディングスIPOは、証券・保険ビジネス向けのクラウド基幹システムを提供しています。

また、FinatextホールディングスIPOはビッグデータ解析事業金融サービスの開発支援も行っています。

FinatextホールディングスIPOは海外への販売も予定されていますが、それにしても規模(吸収金額229.6億円)が大きく、売出株(12,675,700株)の多さも気になります。

また、Finatextホールディングスは人気化しやすいマザーズのIT関連IPOですが、業績は赤字なので、慎重に判断する必要がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

FinatextホールディングスIPOの幹事団は、共同主幹事の大和証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券を中心に、松井証券マネックス証券などの7社で構成されています。


マネックス証券のIPOは100%平等抽選

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同主幹事なので、同グループのauカブコム証券も委託幹事入りする可能性が高そうです。←正式に決定しました!

FinatextホールディングスIPOの初値予想

FinatextホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月3日以降)に追記させていただきます。

-円

(※大手予想会社の初値予想:1,390円~1,600円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社