ラバブルマーケティンググループ(9254)IPOの新規上場が承認されました。ラバブルマーケティンググループIPOは、12月21日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ラバブルマーケティンググループIPOの主幹事はSBI証券が務めることになっています。

ラバブルマーケティンググループIPOは、すでに新規承認されている湖北工業IPOライフドリンク カンパニーIPOとの3社同時上場になります。

ラバブルマーケティンググループ

ラバブルマーケティンググループ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ラバブルマーケティンググループ
コード9254(サービス業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
極東証券
東海東京証券
東洋証券
松井証券
マネックス証券
アイザワ証券
岡三証券
丸三証券
むさし証券
SBIネオモバイル証券
SBIネオトレード証券
岡三オンライン証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月2日(1,170円~1,260円に決定)
ブックビルディング期間12月6日から12月10日
公開価格決定日12月13日
申込期間12月14日から12月17日まで
公募215,000株
売出し127,500株
OA51,300株
吸収金額4.6億円
時価総額16.3億円
想定価格1,170円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ラバブルマーケティンググループIPO主幹事のSBI証券

ラバブルマーケティンググループIPOの概要

ラバブルマーケティンググループIPOは、マーケティングの運用領域を主軸としてSNSマーケティング事業マーケティングオートメーション事業を展開しています。

SNSマーケティング事業では、「SNSアカウント運用支援サービス」、「SaaS型のSNS運用支援ツールの開発・提供」、「人材教育サービス」の3つのソリューションにより、企業やブランドのSNSマーケティングを支援しています。

マーケティングオートメーション事業では、マーケティングオートメーションツール(MA)、営業支援システム(SFA)、顧客管理システム(CRM)の3つのクラウドサービスを用いて、顧客の経営課題に沿った戦略策定やプロセスの設計、最適なテクノロジーの選定、運用サポートまでをワンストップで支援しています。

ラバブルマーケティンググループはIPOラッシュ中の3社同時上場になりますが、個人投資家に人気のSBI証券が主幹事を務める小型IPOとして注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ラバブルマーケティンググループIPOの幹事団は、主幹事がSBI証券なので小型なのに数多くの証券会社が名を連ねています。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

ラバブルマーケティンググループIPOの初値予想

ラバブルマーケティンググループIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月2日以降)に追記させていただきます。

-円

(※大手予想会社の初値予想:2,200円~2,600円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社