JDSC(4418)IPOの新規上場が承認されました。JDSCは、12月20日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、JDSCのIPO主幹事は大和証券SBI証券が共同で務めることになっています。

JDSCは、先ほどご紹介したグローバルセキュリティエキスパートHYUGA PRIMARY CAREとの3社同時上場になります。

JDSC

JDSC(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名JDSC
コード4418(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
マネックス証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
岡三証券
岡三オンライン証券
auカブコム証券
上場日12月20日
仮条件決定日12月2日(1,620円~1,680円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月9日
公開価格決定日12月10日
申込期間12月13日から12月16日まで
公募400,000株
売出し2,040,000株
OA366,000株
吸収金額45.5億円
時価総額207.5億円
想定価格1,620円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
JDSCのIPO共同主幹事のSBI証券

JDSCのIPO概要

JDSCは東京大学発のAI企業で、AI(人口知能)や機械学習等を活用したアルゴリズムモジュールの開発とライセンス提供事業を行っています。

また、JDSCはITシステムの開発と運用事業やデータサイエンスに関する顧問・コンサルティング事業なども展開しています。

JDSCは規模(吸収金額45.5億円)は大きめですが、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)への販売も予定されています。

JDSCは東大発ということとAI(人口知能)というテーマ性で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

JDSCのIPO幹事団は、共同主幹事の大和証券SBI証券を中心に、SMBC日興証券マネックス証券などの10社で構成されています。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券岡三オンライン証券も委託幹事入りする可能性が高そうです。←正式に決定しました!

JDSCのIPO初値予想

JDSCのIPO初値予想は、仮条件決定後(12月2日以降)に追記させていただきます。

2,520円 (想定価格比:+900円)

(※大手予想会社の初値予想:2,300円~2,800円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社