グローバルセキュリティエキスパート(4417)IPOの新規上場が承認されました。グローバルセキュリティエキスパートIPOは、12月20日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、グローバルセキュリティエキスパートIPOの主幹事は、SMBC日興証券が務めることになっています。

グローバルセキュリティエキスパートは、本日同じく新規承認されたHYUGA PRIMRY CAREJDSCとの3社同時上場になります。

グローバルセキュリティエキスパート

グローバルセキュリティエキスパート(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名グローバルセキュリティエキスパート
コード4417(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
松井証券
岩井コスモ証券
東洋証券
auカブコム証券
上場日12月20日
仮条件決定日12月2日(2,680円~2,800円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月9日
公開価格決定日12月10日
申込期間12月13日から12月16日まで
公募150,000株
売出し450,000株
OA90,000株
吸収金額19.1億円
時価総額92.2億円
想定価格2,770円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
グローバルセキュリティエキスパートIPO主幹事のSMBC日興証券

グローバルセキュリティエキスパートIPOの概要

グローバルセキュリティエキスパートIPOは、情報セキュリティ・サイバーセキュリティに特化した専門会社として、セキュリティコンサルティング、脆弱性診断、サイバーセキュリティソリューションをはじめ、日本初のセキュリティ全体像を網羅した教育サービスを提供しています。

なかでも、国内シェアNo.1のトラップメール(GSX標的型メール訓練サービス)は、累計約7,500社に導入されており、約600万アドレスの送信実績があります。

グローバルセキュリティエキスパートIPOはやや規模(吸収金額19.1億円)がありますが、セキュリティに特化した事業内容で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

グローバルセキュリティエキスパートIPOの幹事団は、主幹事のSMBC日興証券をはじめ、SBI証券松井証券などの8社で構成されています。


松井証券のIPOは前受金不要(事前入金不要)

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団に名を連ねているので、同グループのauカブコム証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

グローバルセキュリティエキスパートIPOの初値予想

グローバルセキュリティエキスパートIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月2日以降)に追記させていただきます。

3,800円 (想定価格比:+1,030円)

(※大手予想会社の初値予想:3,500円~4,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社