HYUGA PRIMARY CARE(7133)IPOの新規上場が承認されました。HYUGA PRIMARY CAREは、12月20日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、HYUGA PRIMARY CAREのIPO主幹事は、みずほ証券が務めることになっています。

本日は、後ほどご紹介するJDSCグローバルセキュリティエキスパートも新規承認されています。遂に怒涛のIPO新規承認ラッシュに突入したようですね。

HYUGA PRIMARY CARE

HYUGA PRIMARY CARE(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名HYUGA PRIMARY CARE
コード7133(小売業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
いちよし証券
FFG証券
マネックス証券
上場日12月20日
仮条件決定日11月30日(2,420円~2,600円に決定)
ブックビルディング期間12月2日から12月8日
公開価格決定日12月9日
申込期間12月10日から12月15日まで
公募50,000株
売出し255,500株
OA45,700株
吸収金額8.8億円
時価総額86.9億円
想定価格2,510円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
HYUGA PRIMARY CAREのIPO幹事のSBI証券

HYUGA PRIMARY CAREのIPO概要

HYUGA PRIMARY CAREは在宅訪問薬局事業として、全国に30店舗以上を展開する調剤薬局「きらり薬局」を拠点に、薬剤師が患者の自宅や入居施設を訪問し、処方せんに基づいて調剤した医薬品を届けたり、服薬指導などを行う在宅訪問サービスを提供しています。

また、HYUGA PRIMARY CAREはケアプラン事業として、介護保険の居宅介護サービスを希望するお客様のご依頼に基づき、自社の介護支援専門員(ケアマネージャー)が居宅サービス計画(ケアプラン)を作成して提供しています。

さらに、HYUGA PRIMARY CAREはきらりプライム事業として、在宅訪問薬局運営のノウハウやシステムなどを提供しています。

小売業はIPOで人気とは言えませんが、今後の超高齢化社会においてさらなる需要が見込め、介護というテーマ性や規模(吸収金額8.8億円)の小ささでも関心を集めるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

HYUGA PRIMARY CAREのIPO幹事団は、主幹事のみずほ証券を中心に、IPO幹事常連のSBI証券などの5社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOルール

HYUGA PRIMARY CAREのIPO初値予想

HYUGA PRIMARY CAREのIPO初値予想は、仮条件決定後(11月30日以降)に追記させていただきます。

3,250円 (想定価格比:+650円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,000円~3,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,900円~3,400円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社