湖北工業(6524)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の12月6日から始まります。湖北工業はアルミ電解コンデンサ用リード端子の製造・販売などを行っています。

湖北工業は前日が3社同時上場で翌日が6社同時上場という超タイトなスケジュールの中での4社同時上場なので、間違いなく資金分散の影響を受けそうですね。

湖北工業

湖北工業(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名湖北工業
コード6524(電気機器)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
SBI証券
西村証券
丸三証券
あかつき証券
auカブコム証券
LINE証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月3日(3,840円~4,000円に決定)
ブックビルディング期間12月6日から12月9日
公開価格決定日12月10日
申込期間12月13日から12月16日まで
公募1,600,000株
売出し1,000,000株
OA390,000株
吸収金額114.8億円
時価総額345.6億円
想定価格3,840円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

湖北工業IPOの事業内容

湖北工業は主にリード端子事業(アルミ電解コンデンサ用リード端子の製造・販売)と、光部品・デバイス事業(光ファイバ通信網用光部品の製造・販売等)を5ヶ国7拠点から全世界に向けて展開しています。

リード端子事業は生活家電・情報通信機器・自動車等の内部に電子基板を持つ製品に搭載されるアルミ電解コンデンサの主要構成部品であるリード端子の製造販売を行っています。

湖北工業のリード端子

光部品・デバイス事業は今日の情報通信に欠かせない光ファイバ通信の機器や光モジュールに使用される「光部品(FA製品)」及び「光デバイス(YD製品)」を製造販売しており、高信頼性(水深6,000メートルの海底で25年間故障せず機能し続けること)が要求される光アイソレータの製造販売にも携わっています。

湖北工業の光部品・デバイス

IPOによる手取金の使途

  1. 当社のリード端子事業において、今後の需要拡大に対応するための生産能力強化
  2. 当社の光部品・デバイス事業において、次世代通信市場の技術革新に対応するための研究施設拡充及び研究設備導入
  3. ソフトウェア更新、施設改修等
  4. 連結子会社である東莞瑚北電子有限公司に対しての投融資
  5. 連結子会社である蘇州瑚北光電子有限公司に対しての投融資
  6. 連結子会社であるKOHOKU ELECTRONICS(M) SDN.BHD.に対しての投融資
  7. 連結子会社であるKOHOKU LANKA(PVT) LTD.に対しての投融資

湖北工業IPOの業績

湖北工業の業績

(※画像クリックで拡大)

湖北工業IPOの売上は堅調に推移しており、利益も順調に伸びていますね。

湖北工業のIPO評価

湖北工業は4社同時上場というだけでなく、人気化しにくい東証2部への新規上場で、海外への販売も予定されてはいますが規模(吸収金額114.8億円)も大きいのが懸念材料です。

また、IPOラッシュ中なので、値がさというのも気になりますね。

ただ、湖北工業は高い技術力を活かしてアルミ電解コンデンサなどのニッチな事業を展開していることで一定の評価を得られそうです。

よって、湖北工業のIPO評価は、Dが妥当だと考えています。湖北工業IPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

湖北工業IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

湖北工業IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただ、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので必ず申し込みます。

湖北工業IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
西村証券 口座なし
丸三証券 BB検討中
あかつき証券 口座なし
auカブコム証券 BB検討中
LINE証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング