ライフドリンク カンパニー(2585)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌月の12月6日から開始されます。

ライフドリンク カンパニーはミネラルウォーターや茶系飲料などを製造・販売している飲料メーカーです。

ライフドリンク カンパニーはYCPホールディングス(グローバル)リミテッド湖北工業ラバブルマーケティンググループとの4社同時上場なので、資金分散の影響が気になりますね。

ライフドリンク カンパニー

ライフドリンク カンパニー(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ライフドリンク カンパニー
コード2585(食料品)
主幹事証券SMBC日興証券
大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
auカブコム証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月3日(1,510円~1,535円に決定)
ブックビルディング期間12月6日から12月10日
公開価格決定日12月13日(1,535円に決定)
申込期間12月14日から12月17日まで
公募1,324,500株
(国内:615,000株
海外:709,500株)
売出し2,299,800株
(国内:1,067,900株
海外:1,231,900株)
OA543,600株
吸収金額62.9億円
(国内:33.6億円
海外:29.3億円)
時価総額189.5億円
想定価格1,510円→公開価格:1,535円
初値価格1,427円

SMBC日興証券 オンライントレード

ライフドリンク カンパニーIPOの事業内容

ライフドリンク カンパニーは清涼飲料(ドリンク)及び茶葉(リーフ)の製造・仕入・販売を行っており、特に自社飲料(自社生産の飲料)ビジネスが最も重要な事業となっています。

ライフドリンク カンパニーの商品

ライフドリンク カンパニーは自社飲料ビジネスにおいて、総合スーパーや食品スーパー、ディスカウントストア、ドラッグストア等の小売業態各社に対して、小売各社のプライベート商品及び自社ブランド商品を販売しており、楽天市場でEC展開もしています。

ライフドリンク カンパニーは「少品種大量生産」「調達から販売までの内製化」「工場の全国展開」という3つの特徴により、安定した品質の確保、低価格での製品提供、供給量の確保、及び天災等への供給柔軟性の確保を実現しています。

IPOによる手取金の使途

  1. 富士工場における増産のための製造設備購入
  2. 新工場建設

ライフドリンク カンパニーIPOの業績

ライフドリンク カンパニーの業績

(※画像クリックで拡大)

ライフドリンク カンパニーIPOの売上は堅調に推移しており、利益も急激に伸びていて好調そうですね。

ライフドリンク カンパニーのIPO評価

ライフドリンク カンパニーは海外への販売も予定されていますが、やや規模(吸収金額62.9億円)が大きく、売出株(2,299,800株)も多いため、投資ファンドのイグジット(出口)案件として警戒されそうです。

また、飲料事業は地味なので、IPOラッシュ中の4社同時上場という中では、他の銘柄の陰に隠れてしまうかもしれません。

よって、ライフドリンク カンパニーのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。ライフドリンク カンパニーIPOは、公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ライフドリンク カンパニーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ライフドリンク カンパニーIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ただ、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込むつもりです。

ライフドリンク カンパニーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 (主幹事) BB不参加
みずほ証券 BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB不参加
マネックス証券 BB不参加
auカブコム証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング