フリー(4478)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の12月3日から始まります。フリーは、クラウド会計ソフトfreee(フリー)を運営している企業として注目されています。

ただ、フリーはIPOラッシュ真っ只中での新規上場というだけでなく、人気化しそうなウィルズとの同時上場で、規模も12月に新規上場するIPOの中で一番大きいため、需給面で警戒されそうですね。

フリー

フリー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名フリー
コード4478
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
幹事証券(委託含む)メリルリンチ日本証券
SBI証券
野村證券
みずほ証券
岩井コスモ証券
東洋証券
楽天証券
いちよし証券
エース証券
ちばぎん証券
東海東京証券
松井証券
丸三証券
水戸証券
カブドットコム証券
上場日12月17日
仮条件決定日12月2日(1,800円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月6日まで
公開価格決定日12月9日
申込期間12月10日から12月13日まで
公募5,435,200株
(国内:2,952,000株→2,023,700株
海外:2,483,200株→3,411,500株)
売出し12,041,100株
(国内:4,313,000株
海外:7,728,100株)
OA1,089,700株
吸収金額334.2億円
(国内:150.4億円
海外:183.8億円)
時価総額839.5億円
想定価格1,800円(想定仮条件1,660円~1,940円の平均価格)
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]

フリーIPOの事業内容

フリーは、確定申告から日々の経理までまとめて効率化できる「クラウド会計ソフトfreee(フリー)」を提供しています。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)は、クラウド会計ソフト主要3社の中でユニークユーザー数がNO.1で、利用事業所数は2018年4月時点で100万を突破しています。

また、クラウド会計ソフトfreee(フリー)は有力スタートアップ企業において42%という高い利用率を誇っています。

また、フリーは給与計算や勤怠管理から労務管理までを簡単に効率化できる「人事労務freee(フリー)」や、会計事務所向けのクラウド型税務申告ソフト「クラウド申告freee(フリー)」、個人事業の開業手続きが無料で簡単にできる「開業freee」なども提供しています。

フリーIPOの業績

フリーの業績

(※画像クリックで拡大)

フリーIPOの売上は順調に伸びていますが、利益は連続赤字なので、まだまだこれからといった感じですね。

フリーのIPO評価

フリーは以前からIPO候補として取り上げられており、フリーが提供している「クラウド会計ソフトfreee(フリー)」も良く知られているので、かなり注目されると思います。

しかし、フリーはウィルズとの同時上場で、規模(吸収金額334.2億円(国内:150.4億円)も大きく、強めのロックアップがかかっているとはいえVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多いため、需給面に不安があります。

また、フリーは業績が連続赤字という点でも警戒されそうです。

よって、フリーのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。フリーIPOの初値は、海外にどの程度販売されるかによっても変わってきますが、今のところ公開価格を割れる可能性もあると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フリーIPOのその他情報はこちら

フリーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

フリーIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。フリーIPOの注目度は高いと思いますが、リスクも高そうなので、他の良さげなIPOに注力したいと思います。

ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込むつもりです。

フリーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 (主幹事) BB不参加
メリルリンチ証券 口座なし
SBI証券 BB参加
野村證券 BB不参加
みずほ証券 BB不参加
岩井コスモ証券 BB不参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
楽天証券 BB不参加
いちよし証券 BB不参加
エース証券 口座なし
ちばぎん証券 口座なし
東海東京証券 BB不参加
松井証券 BB不参加
丸三証券 BB不参加
水戸証券 口座なし
カブドットコム証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング