JTOWER(4485)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の12月3日から開始されます。JTOWERは、5G関連の通信インフラ事業を展開していることで関心を集めているようです。

ただ、JTOWERは人気化しそうなユナイトアンドグロウと話題性抜群のBuySell Technologiesとの3社同時上場なので、需給面に不安がありますね。

JTOWER

JTOWER(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名JTOWER
コード4485
主幹事証券SMBC日興証券
大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
カブドットコム証券
上場日12月18日
仮条件決定日12月2日(1,550円~1,600円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月9日まで
公開価格決定日12月10日
申込期間12月11日から12月16日まで
公募2,987,000株
売出し2,906,300株
OA883,900株
吸収金額105億円
時価総額300億円
想定価格1,550円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

JTOWER(4485)IPOの事業内容

JTOWERは、国内および海外において、携帯キャリアに対して屋内電波対策用の共用設備を提供する「国内IBS事業」と「海外IBS事業」を展開しています。

また、JTOWERは付加価値サービスである「ソリューション事業」も展開しており、新規事業として屋外の鉄塔やポール等のタワー資産を共用化する「タワー事業」も企画しています。

JTOWERの事業概要図

(※画像クリックで拡大)

国内IBS事業では、これまで携帯キャリア各社が単独で行ってきた屋内携帯インフラの構築を、独自に開発した共用設備により一本化するソリューションを提供しています。

海外IBS事業では、国内IBS事業を通じて得られたノウハウを活用し、ベトナム、ミャンマー、マレーシアといった東南アジアを中心に海外でもIBS事業を展開しています。

その他ソリューション事業では、通信インフラシェアリングの付加価値サービスとして、クラウドWi-Fiソリューションや5Gにおける屋上への基地局設置ニーズの取り込み(SITE LOCATORサービス)等を行っています。

JTOWER(4485)IPOの業績

JTOWERの業績

(※画像クリックで拡大)

JTOWER(4485)IPOの売上は急伸していますが、利益は連続赤字なので、今後に期待といった感じですね。

JTOWERのIPO評価

JTOWERは、ユナイトアンドグロウBuySell Technologiesとの3社同時上場というだけでなく、規模(吸収金額105億円)も一番大きいため、資金分散の影響を受けると思います。

また、JTOWERはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が多く、業績が連続赤字という点でも警戒されそうです。

よって、JTOWERのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。JTOWER(4485)IPOは、赤字ながらも業績の伸びが良く、5Gというテーマ性もありますが、それでも需給面に不安があるため、公開価格前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

JTOWER(4485)IPOのその他情報はこちら

JTOWER(4485)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

JTOWER(4485)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。

同時上場するユナイトアンドグロウIPOBuySell Technologies(7685)IPOの方が期待できそうなので、そちらに資金を回したいと考えています。

ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込む予定です。

JTOWER(4485)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 (主幹事) BB不参加
みずほ証券 BB不参加
野村證券 BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB不参加
マネックス証券 BB不参加
岩井コスモ証券 BB不参加
カブドットコム証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング