フロンティア・マネジメント(7038)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の9月10日から始まります。フロンティア・マネジメントは、規模が小型とまではいかないまでも、それほど大きくないため、需給面で関心を集めそうです。

ただ、フロンティア・マネジメントはIPOラッシュ終盤での新規上場なので、買い疲れなどの影響を受けるかもしれませんね。

フロンティア・マネジメント

フロンティア・マネジメント(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名フロンティア・マネジメント
コード7038
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
丸三証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日9月28日
仮条件決定日9月6日(2,160円~2,260円に決定)
ブックビルディング期間9月10日から9月14日まで
公開価格決定日9月18日(2,260円に決定)
申込期間9月19日から9月25日まで
公募270,000株
売出し250,000株
OA78,000株
吸収金額13.5億円
時価総額64.5億円
想定価格2,260円→公開価格:2,260円
初値価格初値決定後に追記

フロンティア・マネジメントIPOの事業内容

フロンティア・マネジメントは、各企業の経営課題に対して最適な専門家チームを結成し、経営コンサルティング事業を中心に、ファイナンシャル・アドバイザリー事業、再生支援事業及びその他事業を行っています。

経営コンサルティング事業では、顧客企業の経営戦略の立案や、中期経営計画の策定から実行支援等のサービスを提供しています。

ファイナンシャル・アドバイザリー事業では、顧客企業が行うM&Aや組織再編に関して、M&A戦略の立案、対象企業の選定・アプローチ、取引条件・契約書交渉といった業務全般に関する助言・補佐業務を行っています。

再生支援事業では、再生支援を必要とする企業に対し、事業再生計画策定から実行支援、金融機関との利害調整、経営改革のための経営参画、各種再生手続き上の支援までトータルでサポートしています。

フロンティア・マネジメントIPOの業績

フロンティア・マネジメントの業績

(※画像クリックで拡大)

フロンティア・マネジメントの売上は、概ね堅調に推移しています。ただ、利益はややバラついていますね。

フロンティア・マネジメントのIPO評価

フロンティア・マネジメントは、吸収金額が想定価格ベースで13.5億円とさほど大きくなく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないので、需給面は悪くないと思います。

ただ、コンサルティング事業は新鮮味に欠け、IPOで人気になりやすいとも言えません。

よって、フロンティア・マネジメントのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。フロンティア・マネジメントIPOは、公開価格の1.5倍程度の初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フロンティア・マネジメントIPOのその他情報はこちら

フロンティア・マネジメントIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

フロンティア・マネジメントIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。主幹事のみずほ証券はもとより、SMBC日興証券マネックス証券などネットから申し込める全ての幹事証券に申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいと思います。

フロンティア・マネジメントIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
丸三証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング