富士ソフトサービスビューロ(6188)のIPO新規上場が承認されました。同じく新規上場が承認されたユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)と同時上場(3月15日)になります。

3月のIPO新規上場は15日までで8社目となりました。何だか凄く忙しくなってきましたが嬉しい悲鳴です。

富士ソフトサービスビューロ

富士ソフトサービスビューロ(JQS)のIPO基本情報

銘柄名富士ソフトサービスビューロ
コード6188
主幹事証券野村証券
幹事証券みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
上場日3月15日
仮条件決定日2月24日(800円~890円に決定)
ブックビルディング期間2月26日から3月3日まで
公募価格決定日3月4日(890円に決定)
公募352,000株
売出し352,000株
OA105,600株
吸収金額7.2億円
想定価格890円

富士ソフトサービスビューロIPOの概要

富士ソフトサービスビューロは、コールセンター及び事務センター等のBPO事業を手掛けている企業です。

また、富士ソフトサービスビューロは高度なトータル・アウトソーシング・サービスを提供することによって、新時代のビジネススタイルの確立を目指しています。

富士ソフトサービスビューロの事業内容はインパクトに欠けますが、想定価格890円で吸収金額7.2億円(想定価格ベース)と小型なのはプラス要素です。第一印象としては公募価格を割れることは無い気がしますが、他のIPO銘柄と比較しながらゆっくりと考えたいと思います。

富士ソフトサービスビューロ(6188)の幹事団には、2016年も数多くのIPO銘柄を取り扱っているSBI証券が名を連ねています。

SBI証券はIPOの抽選に外れてもポイントが貰えるため、ポイントを貯めていけばポイント制度を使ってIPOをゲットすることが出来ます。(※SBI証券のIPOチャレンジポイントについて

富士ソフトサービスビューローIPOの初値予想

富士ソフトサービスビューロIPOの初値予想は、仮条件発表後(2月24日)に追記させていただきます。

1,120円 (想定価格比:+230円)

(※大手予想会社の初値予想:1,000円~1,200円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:950円)


にほんブログ村

富士ソフトサービスビューロIPOの他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ