ファンペップ(4881)IPOの改めての新規上場が承認されました。ファンペップIPOは、12月25日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ファンペップIPOの主幹事はSBI証券が務めることになっています。

ファンペップIPOは、昨年(2019年)の12月に新規上場を中止していたので、約1年ぶりに仕切り直しての新規上場になります。

ファンペップ

ファンペップ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ファンペップ
コード4881(医薬品)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
いちよし証券
エース証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
東海東京証券
東洋証券
極東証券
水戸証券
SBIネオモバイル証券
上場日12月25日
仮条件決定日12月8日
ブックビルディング期間12月10日から12月16日まで
公開価格決定日12月17日
申込期間12月18日から12月23日まで
公募2,739,700株
売出し0株
OA410,900株
吸収金額25.8億円
時価総額137.3億円
想定価格820円
(想定仮条件730円~910円の平均価格)
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ファンペップIPO主幹事のSBI証券

ファンペップIPOの概要

ファンペップIPOは、大阪大学とペプチド研究を通じで培ったノウハウを基に、ペプチドの機能に着目し、医薬品、化粧品、医療機器等の研究開発、製品開発を行っています。

ファンペップIPOは、多様なニーズにフォーカスした生理活性を有する機能性ペプチドを創製し、基礎研究から臨床試験まで段階的に研究開発を進めており、Unmet Medical Needs(未だ満たされていない医療ニーズ)の領域となる皮膚潰瘍、そして、市場性の高い抗体誘導ペプチドを主要なテーマとして事業を展開しています。

ファンペップIPOは、前回より株数は減少していますが、想定価格が315円から820円へ大幅にアップしているため、吸収金額も16.3億円から25.8億円へと大きくなっています。

また、主幹事はみずほ証券からSBI証券へと変更されています。

ファンペップIPOは3社同時上場というだけでなく、赤字のバイオベンチャーなので、慎重に判断する必要がありそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ファンペップIPOの幹事団は、主幹事のSBI証券をはじめ、SMBC日興証券岩井コスモ証券などの11社で構成されています。

また、SBI証券が主幹事なので、1株からの申し込みになりますが、同グループのSBIネオモバイル証券が穴場になるかもしれません。

SBIネオモバイル証券
ひと株IPOのSBIネオモバイル証券

ファンペップIPOの初値予想

ファンペップIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月8日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社