上場を延期していたSANEI(6230)IPOの改めての新規上場が承認されました。SANEI(サンエイ)IPOは、12月25日に東京証券取引所2部市場へ新規上場する予定です。

また、SANEIのIPO主幹事は前回と同様に大和証券が務めることになっています。

SANEIのIPOは、新型コロナウィルスの影響によって4月の新規上場を中止していたので、仕切り直しての新規上場になります。

SANEI

SANEI(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名SANEI
コード6230(機械)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
SMBC日興証券
auカブコム証券
上場日12月25日
仮条件決定日12月8日
ブックビルディング期間12月10日から12月16日まで
公開価格決定日12月17日
申込期間12月18日から12月23日まで
公募260,000株
売出し200,000株
OA69,000株
吸収金額10.8億円
時価総額45.5億円
想定価格2,050円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
SANEI(6230)IPO幹事のSMBC日興証券

SANEIのIPO概要

SANEI(6230)IPOは、混合栓、単水栓、シャワー用品、止水栓・バルブ、水栓部品、配管用品、消火栓など、給排水器具等の製造販売を行っています。

また、SANEIは「YORISUTTO」「AQUVOI」「AQUTCH」など、様々なデザイン水栓シリーズを取り揃えています。

SANEI(6230)IPOは、前回と全く同じ株数での新規上場になりますが、想定価格を2,200円から2,050円に引き下げている分だけ、規模も11.6億円から10.8億円へと小さくなっています。

ただ、東証2部の機械セクターは人気になりにくいため、注目度は低そうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SANEIのIPO幹事団は、主幹事の大和証券をはじめ、SBI証券SMBC日興証券など、前回と全く同じ顔触れになっています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券が前回同様に委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

SANEIのIPO初値予想

SANEIのIPO初値予想は、仮条件決定後(12月8日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社