東和ハイシステム(4172)IPOの新規上場が承認されました。東和ハイシステムIPOは、12月25日にジャスダックスタンダード市場へ新規上場する予定です。

また、東和ハイシステムIPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。

東和ハイシステムIPOは、既に新規承認されているSANEIと、本日同じく新規承認されたファンペップとの3社同時上場になります。

東和ハイシステム

東和ハイシステム(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名東和ハイシステム
コード4172(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
SMBC日興証券
楽天証券
上場日12月25日
仮条件決定日12月7日
ブックビルディング期間12月9日から12月15日まで
公開価格決定日12月16日
申込期間12月17日から12月22日まで
公募200,000株
売出し200,000株
OA60,000株
吸収金額10億円
時価総額47.3億円
想定価格2,180円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
東和ハイシステムIPO幹事のSMBC日興証券

東和ハイシステムIPOの概要

東和ハイシステムIPOは、電子カルテとiPadが融合した歯科電子カルテ統合システム「Hi Dental Spirit XR-10i」の開発・販売をしています。

Hi Dental Spirit XR-10i」は、電子カルテ3原則(真正性、見読性、保存性)を満たした最先端のハイセキュリティ電子カルテシステムと、歯科医院の経営・運営に資する種々のアプリケーションを活用できるiPadとを融合させ、情報の一元化を実現した統合システムになっています。

東和ハイシステムは、吸収金額が想定価格ベースで10億円と小さいため、需給面で注目されそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

東和ハイシステムIPOの幹事団は、主幹事の野村證券を中心に、IPO幹事常連のSBI証券SMBC日興証券などの5社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

東和ハイシステムIPOの初値予想

東和ハイシステムIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月7日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社