岐阜造園(1438)IPOの新規上場が承認されました。岐阜造園IPOは、11月1日に名古屋証券取引所2部市場へ新規上場する予定です。

岐阜造園IPOは、名前の通りに地味な業種の名証2部案件なので、注目度は低そうですね。

岐阜造園

岐阜造園(名証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名岐阜造園
コード1438
主幹事証券東海東京証券
幹事証券SMBC日興証券
SBI証券
エイチ・エス証券
安藤証券
上場日11月1日
仮条件決定日10月12日(1,000円~1,150円に決定)
ブックビルディング期間10月14日から10月21日まで
公開価格決定日10月24日(1,150円に決定)
申込期間10月25日から10月27日まで
公募400,000株
売出し0株
OA60,000株
吸収金額4.6億円
想定価格1,000円


岐阜造園IPOで幹事を務めるSMBC日興証券

岐阜造園IPOの概要

岐阜造園IPOは、造園緑化工事の設計・施工・メンテナンス等を行っている企業です。また、岐阜造園IPOは建売分譲住宅の企画・販売や、太陽光発電システムの販売・設置工事なども手掛けています。

岐阜造園IPOは、昭和2年3月創業という老舗で、最近では植栽によるエコにも力を入れているようです。

岐阜造園IPOは、人気になりにくい名証2部案件ですが、吸収金額4.6億円(想定価格ベース)と小型な点はプラス要素です。

岐阜造園IPOの幹事団には、IPOの取扱い銘柄数トップクラスのSMBC日興証券SBI証券が名を連ねています。


SMBC日興証券のIPOルール


SBI証券のIPOルール

岐阜造園IPOの初値予想

岐阜造園IPOの初値予想は、仮条件決定後(10月12日以降)に追記させていただきます。

1,200円⇒1,250円 (公開価格比:+100円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,050円~1,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,150円~1,300円)


にほんブログ村

岐阜造園IPOのその情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOでは、出来るだけ多くの証券会社に申し込むことが、当選への近道なので、新たな証券口座を開設してIPOをゲットしましょう。

IPOにオススメの証券会社