グラッドキューブ(9561)IPOのBB(ブックビルディング)が、週末の9月9日から開始されます。

グラッドキューブは自社開発した「SiTest(サイテスト)」によるSaaS事業などを行っています。

グラッドキューブはキットアライブファインズとの3社同時上場になるので、資金分散の影響を受けるかもしれませんね。

グラッドキューブ

グラッドキューブ(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名グラッドキューブ
コード9561(サービス業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
楽天証券
みずほ証券
野村證券
松井証券
岩井コスモ証券
岡三証券
あかつき証券
極東証券
岡三オンライン
上場日9月28日
仮条件決定日9月7日(870円~960円に決定)
ブックビルディング期間9月9日から9月15日
公開価格決定日9月16日(960円に決定)
申込期間9月20日から9月26日まで
公募450,000株
売出し830,000株
OA192,000株
吸収金額14.1億円
時価総額75.7億円
想定価格960円→公開価格:960円
初値価格1,500円

グラッドキューブIPOの事業内容

グラッドキューブは主にインターネットを活用して事業拡大や販売促進を実現したい企業に対して、「SaaS事業」「マーケティングソリューション事業」「SPAIA事業」を展開しています。

SaaS事業では、自社開発ツールのSiTest(サイテスト)を用いたウェブサイト解析、アクセス解析、サイト制作、コンテンツ制作、コンサルティングによる包括的なデジタルマーケティング施策を提供しています。

ちなみに、SiTest(サイテスト)はウェブサイト解析から改善まで一気通貫して実施できるオールインワンのサブスクリプション型ウェブサイト解析ツールになっています。

マーケティングソリューション事業では、主に大企業・中小企業に対してインターネット上の包括的なマーケティング支援を行っています。

SPAIA事業では、AIの機械学習を使用したスポーツメディアプラットフォームとして、プロ野球一球速報等を軸とするスパイア(SPAIA)SPAIA競馬を運営しています。

グラッドキューブのSPAIA

(※画像クリックで拡大)

SPAIA競馬はSPAIAから競馬コンテンツを切り出したサブスクリプション型サービスになっていて、有料会員(月額課金)の場合、コースが3種類(ダイヤモンド・プラチナ・ゴールド)あり、無料会員では利用できないAIによる解析データを付加価値として提供しています。

グラッドキューブIPOの事業系統図

グラッドキューブの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. SPAIA事業で展開する既存サービスの拡充、新サービスの開発のために、開発費用として充当
  2. 社内業務用システムの拡充のために、開発費用として充当
  3. 当社サービスの認知度拡大のために、インターネット広告の出稿及びTV CMへの費用として充当

グラッドキューブIPOの業績

グラッドキューブの業績

(※画像クリックで拡大)

グラッドキューブIPOの売上は綺麗な右肩上がりで、利益も急伸していて好調そうです。

グラッドキューブのIPO評価

グラッドキューブの規模(吸収金額14.1億円)はそれほど大きくありませんが、3社同時上場でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(98.1万株)も多いのが気になります。

また、グラッドキューブはIPOで人気のSaaS関連事業を展開していて、AIによる競馬予想というユニークな事業を行っていることでも関心を集めそうです。

よって、グラッドキューブのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。グラッドキューブIPOは、公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

グラッドキューブIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

グラッドキューブIPOのBB(ブックビルディング)は積極的に参加するつもりです。主幹事の大和証券はもちろんのこと、松井証券楽天証券などの平幹事も申し込む予定です。

グラッドキューブIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
野村證券 BB参加
松井証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
岡三証券 BB不参加
あかつき証券 口座なし
極東証券 口座なし
岡三オンライン BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング