ファインズ(5125)IPOのBB(ブックビルディング)が9月8日から始まります。ファインズは動画の視聴データを有効活用した動画DX事業を展開しています。

ファインズは同時上場する3社の中で規模が一番大きいので、資金分散の影響が少し気になりますね。

ファインズ

ファインズ(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名ファインズ
コード5125(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
楽天証券
SMBC日興証券
東洋証券
岡三証券
松井証券
マネックス証券
LINE証券
岡三オンライン
上場日9月28日
仮条件決定日9月7日(1,610円~1,800円に決定)
ブックビルディング期間9月8日から9月14日
公開価格決定日9月15日(1,800円に決定)
申込期間9月16日から9月22日まで
公募250,000株
売出し770,000株
OA153,000株
吸収金額18.9億円
時価総額72.3億円
想定価格1,610円公開価格:1,800円
初値価格2,703円

SMBC日興証券 オンライントレード

ファインズIPOの事業内容

ファインズは動画を起点に企業のマーケティングDXを支援するVideoクラウド事業と、店舗向け予約・顧客管理システムを活用して店舗DXを支援する店舗クラウド事業を行っています。

Videoクラウド事業では主に動画制作サービス、動画配信プラットフォームサービス(Videoクラウド)、DXコンサルティングの3つのサービスを提供しています。

なかでも、動画の価値を最大限に発揮することができるVideoクラウドに注力しており、Videoクラウドから抽出できる動画の視聴データ及び顧客のマーケティングデータを活用したDXコンサルティングサービスも行っています。

ファインズのVideoクラウド

店舗クラウド事業では店舗と利用ユーザーの間をつなぎ、ユーザーが会員登録をしなくても24時間予約可能な予約・顧客管理システム「TSUNAGU」を提供しています。

さらに、ファインズは株式会社EPARKリラク&エステが展開するリラクゼーション・エステ・整体院に特化したオンラインプラットフォーム「EPARKリラク&エステ」と連携した「PeakManager(予約管理システム)」の販売代理業を行っています。

ファインズIPOの事業系統図

ファインズの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 今後の事業規模拡大のために必要な人材獲得に係る採用費及び教育費
  2. 当社のメイン顧客層の拡大のための広告宣伝費
  3. 主にSMB領域における企業のDXニーズを先行する商品・サービスを継続的に開発するための研究開発費

ファインズIPOの業績

ファインズの業績

(※画像クリックで拡大)

ファインズIPOの業績は好調に推移していて今後も期待できそうです。

ファインズのIPO評価

ファインズはキットアライブグラッドキューブとの3社同時上場で、規模(吸収金額18.9億円)もそれなりにありますが、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株は見当たりません。

また、ファインズはIPOで人気になりやすいDX(デジタルトランスフォーメーション)関連事業を展開していて業績も良いため、事業面で注目されそうです。

よって、ファインズのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。ファインズIPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ファインズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ファインズIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ積極的に参加する予定です。主幹事の野村證券はもとより、SMBC日興証券LINE証券などの平幹事にも申し込むつもりです。

ファインズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
岡三証券 BB不参加
松井証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
LINE証券 BB参加
岡三オンライン BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング