キットアライブ(5039)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の9月7日からスタートします。キットアライブはクラウドサービスであるSalesforceの導入支援などを行っています。

キットアライブはファインズグラッドキューブとの3社同時上場になるので、資金分散の影響が気になりますね。

キットアライブ

キットアライブ(札証アンビシャスIPO)のIPO基本情報

銘柄名キットアライブ
コード5039(情報・通信業)
主幹事証券アイザワ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
岡三証券
北洋証券
東洋証券
マネックス証券
岡三オンライン
上場日9月28日
仮条件決定日9月5日(1,230円~1,410円に決定)
ブックビルディング期間9月7日から9月13日
公開価格決定日9月14日(1,410円に決定)
申込期間9月16日から9月22日まで
公募50,000株
売出し263,000株
OA0株
吸収金額4.4億円
時価総額17億円
想定価格1,410円→公開価格:1,410円
初値価格1,666円

マネックス証券

キットアライブIPOの事業内容

キットアライブはクラウドサービスであるSalesforceの開発及び運用保守を行う「Salesforce導入支援」と「Salesforce製品開発支援」の二つのサービスを中心に事業を展開しています。

Salesforce導入支援では、顧客企業へのSalesforce導入支援や、Salesforceを基盤としたシステム開発サービスを提供しています。

Salesforce製品開発支援では、Salesforce上で新たなSaaS型製品の構築・販売を考えている企業向けの製品開発支援サービスを提供しています。

また、キットアライブは株式会社セールスフォース・ジャパンの販売代理店である株式会社テラスカイの二次代理店として登録されており、顧客企業にSalesforceのライセンス販売も行っています。

キットアライブは業務改革を顧客と共に行っていくことで、Salesforceに関する専門知識を提供するだけでなく、顧客が主体的にITを活用し、DXを実現することを支援しています。

キットアライブIPOの事業系統図

キットアライブの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 従業員募集費
  2. 本社改装費

キットアライブIPOの業績

キットアライブの業績

(※画像クリックで拡大)

キットアライブIPOの業績は順調に伸びていて、今後も期待できそうですね。

キットアライブのIPO評価

キットアライブは3社同時上場になりますが、規模(吸収金額4.4億円)はさほど大きくないので、資金分散の影響も小さそうです。

また、キットアライブはクラウドDX(デジタルトランスフォーメーション)というテーマ性のある事業を展開していることで注目されそうです。

ただ、キットアライブは流動性の乏しい札証アンビシャスへの新規上場なので、通常のIPOよりもやや割り引いて見る必要があると思います。

よって、キットアライブのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。キットアライブIPOは公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

キットアライブIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

キットアライブIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加する予定です。

ただ、主幹事のアイザワ証券は口座を持っていないので、マネックス証券岡三オンラインなどの平幹事だけでもしっかりと申し込むつもりです。

キットアライブIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
アイザワ証券 (主幹事) 口座なし
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB不参加
北洋証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
マネックス証券 BB参加
岡三オンライン BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング