グッピーズ(5127)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の9月13日からスタートします。グッピーズは医療・介護・福祉に特化した人材サービスを提供しています。

グッピーズは9月最後のIPOで、その後のIPOとも間隔が空いているため、日程には恵まれているほうですね。

グッピーズ

グッピーズ(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名グッピーズ
コード5127(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
東洋証券
SBI証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
あかつき証券
マネックス証券
丸三証券
上場日9月30日
仮条件決定日9月12日(1,400円~1,550円に決定)
ブックビルディング期間9月13日から9月20日
公開価格決定日9月21日(1,550円に決定)
申込期間9月22日から9月28日まで
公募400,000株→363,000株
売出し735,000株→759,000株
OA170,200株→168,300株
吸収金額17.6億円→17.4億円
時価総額45.9億円→45.4億円
想定価格1,350円→公開価格:1,550円
初値価格2,020円

SMBC日興証券 オンライントレード

グッピーズIPOの事業内容

グッピーズは医療・介護・福祉業界に特化した人材サービス事業と、スマートフォンを活用したヘルスケア事業を展開します。

人材サービス事業では、医療・介護・福祉業界に特化した求人サイト「GUPPY」を運営しています。

求人サイト「GUPPY」は中途転職者向けに求人情報を提供する「GUPPY求人」と、新卒学生向けに就職情報を提供する「GUPPY新卒」で構成されています。

グッピーズの求人サイトには全国の歯科医院の約27%、歯科職種就業者の約42%が登録しています。

ヘルスケア事業では、健康寿命の延伸、医療費削減等、持続可能な社会保障の実現のために、スマートフォンによる健康管理アプリ「グッピーヘルスケア」を開発・提供しています。

一般利用者向けの健康管理アプリは歩数や体重管理を含めた19種類の健康管理コンテンツを搭載しており、ダイエットや生活習慣の改善など個人の目的に沿ってサービスを無償で利用することができます。

グッピーヘルスケア

企業向けには機能を拡張した有料サービスを提供しており、従業員1人あたりの月額のシステム利用料を支払うことで、従業員の健康維持・増進を目的とした福利厚生として企業に利用されています。

グッピーズIPOの事業系統図

グッピーズの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 今後の業容拡大及び持続的な事業成長のため開発部門や営業部門をはじめとした優秀な人材の確保を目的に採用活動の促進と採用後の給与・賞与に充当
  2. 当社サービスにおける新規顧客獲得や知名度及び認知度向上のための広告費

グッピーズIPOの業績

グッピーズの業績

(※画像クリックで拡大)

グッピーズIPOの売上は順調に伸びており、利益も急伸していて好調そうです。

グッピーズのIPO評価

グッピーズはそれなりの規模(吸収金額17.6億円)ですが、日程に恵まれていてVC(ベンチャーキャピタル)の保有株もないため、需給面は良好だと思います。

また、求人系の人材サービスは目新しさに欠けますが、ヘルスケアというテーマ性があって業績も良いため、事業面でも一定の評価を得られそうです。

よって、グッピーズのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。グッピーズIPOは公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

グッピーズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

グッピーズIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ積極的に参加するつもりです。主幹事のSMBC日興証券はもとより、SBI証券マネックス証券などの平幹事も申し込む予定です。

グッピーズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
あかつき証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
丸三証券 口座なし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング