キットアライブ(5039)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。キットアライブIPOは地方市場(札証アンビシャス)への新規上場なので、注目度はやや低いようです。

また、キットアライブIPOは主幹事がマイナーなアイザワ証券というのもあまり注目されない要因の一つですね。

キットアライブ

キットアライブIPOの過去記事

キットアライブIPOの新規上場を承認!アイザワ証券が主幹事

キットアライブIPOのBBスタンスとIPO評価!札証アンビシャスIPO

キットアライブIPOの初値予想!仮条件はやや弱め

キットアライブIPOの配分数(割当数)

キットアライブIPOの配分数(割当数)は、主幹事のアイザワ証券約85%を占めています。

しかし、アイザワ証券の口座を持っている方は少ないと思うので、私もそうですが口座をお持ちでない方は、マネックス証券などの平幹事で奇跡の当選を願うしかないですね。

キットアライブIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
アイザワ証券 (主幹事) 265,900株 85% 266枚 A
SBI証券 11,000株 3.5% 50枚 B
岡三証券 11,000株 3.5% 11枚
北洋証券 9,400株 3% -枚
東洋証券 9,400株 3% -枚
マネックス証券 6,300株 2% 63枚 B
岡三オンライン ?株 ?% ?枚
合計 313,000株 100% 390枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

マネックス証券
マネックス証券のIPOは100%平等抽選

キットアライブIPOのBB(ブックビルディング)は昨日(9月7日)から始まっているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながらご検討ください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社