ヘッドウォータース(4011)IPOのBB(ブックビルディング)が9月9日から開始されます。ヘッドウォータースは、AI(人口知能)によって企業の経営課題を解決するAIソリューション事業を行っている企業です。

ヘッドウォータースは、9月に新規上場するIPOの中でも前評判が特に高いので、かなりの人気を集めそうですね。

ヘッドウォータース

ヘッドウォータース(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ヘッドウォータース
コード4011(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
大和証券
楽天証券
松井証券
東海東京証券
極東証券
あかつき証券
マネックス証券
上場日9月29日
仮条件決定日9月7日(2,240円~2,400円に決定)
ブックビルディング期間9月9日から9月15日まで
公開価格決定日9月16日
申込期間9月17日から9月24日まで
公募100,000株
売出し0株
OA15,000株
吸収金額2.6億円
時価総額20.7億円
想定価格2,240円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]

ヘッドウォータースIPOの事業内容

ヘッドウォータースは、AI(人口知能)を活用して顧客企業の業務改善や経営課題を解決していくAIソリューション事業を展開しています。

AIソリューション事業では、AIのシステム開発を通して企業の経営課題を解決するAIインテグレーションサービス、顧客企業のIT化を支援するDX(デジタルトランスフォーメーション)サービス、自社のAIプロダクト「SyncLect」や「Pocket Work Mate」等を顧客に提供するプロダクトサービスを提供しています。

また、ヘッドウォータースは主にインテグレーションサービスで開発したシステムの改善、保守を行うOPSサービスも提供しています。

ヘッドウォータースIPOの事業系統図

ヘッドウォータースの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. AIソリューション事業を推進するために必要な人材採用費及び人件費

ヘッドウォータースIPOの業績

ヘッドウォータースの業績

(※画像クリックで拡大)

ヘッドウォータースIPOの売上はやや横ばいですが、利益は急激に伸びていて好調そうですね。

ヘッドウォータースのIPO評価

ヘッドウォータースは、規模(吸収金額2.6億円)が極めて小さくて、当選枚数も極少なので、需給面だけでも人気化必至の銘柄です。

また、AI(人口知能)関連事業はティアンドエスIPOの初値がぶっ飛んだことからも分かる通り、IPOで特に人気があるため、事業面でもかなり注目されると思います。

よって、ヘッドウォータースのIPO評価は、Sが妥当だと考えています。ヘッドウォータースIPOは初日値付かず濃厚で、かなり強い初値形成になると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ヘッドウォータースIPOのその他情報はこちら

ヘッドウォータースIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ヘッドウォータースIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。

主幹事のみずほ証券をはじめ、ネットから申し込める全ての幹事証券に申し込んで、少しでも当選のチャンスをアップさせたいと思います。

フォースタートアップスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
大和証券 BB参加
楽天証券 BB参加
松井証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
極東証券 口座なし
あかつき証券 口座なし
マネックス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング